世界フィギュア2019

昨夜は世界フィギュアスケート選手権2019の女子フリー演技を観戦した。昨年から紀平梨花さんのフリー演技に魅せられ、ぜひ生で彼女の演技を観たい!と今やプラチナチケットとなった女子フリー演技のチケットを何とか手に入れてさいたまスーパーアリーナへ。昨今のフィギュアスケート人気は凄まじく、約18000席のたまアリが超満員!

さすがに世界選手権ともなるとレベルが高く、特に最終グループとそのひとつ前のグループは見応え十分。今回、紀平さんはショートプログラムで出遅れ、最終グループひとつ前のグループでの演技だった。結果はロシア勢の好調さに比べ、日本勢は三人とも小さなミスがあってトップのザギトワ以下の2位から6位まで僅差で日本勢はメダルを逃してしまった。

3位のメドヴェージワの気迫、2位のトゥルシンバエワの4回転への挑戦、優勝したザギトワの執念に比べて日本勢にはやはり小さなミスと準備不足があったように感じた。その上、地元開催ということで要らぬ緊張感もあったかもしれない。実際の会場ではテレビでは伝わらない演技前、演技後の各選手の表情が良く分かって想いが手に取るように伝わった。

今回、紀平さんのフリーがお目当てだったがフリープログラムの2回のトリプルアクセルのうち残念ながら2回目は転倒してしまったが1回目のトリプルアクセルは運よく自分たちの席のすぐ前で観ることができた。演技曲ビューティフルストームでのトリプルアクセルを生で観る事が念願だったので願いが叶った。

世界選手権は各国のエース級が集まる特にレベルの高い試合。さらに5年ぶりの日本開催でこれだけのメンバーが集まるのは今後はもう無いかもしれないと無理をしてチケットを手に入れて良かった。来シーズンの紀平さんのさらなら進化が楽しみだ。

LEICA M10-P / Super-Angulon 21mm f3.4

LEICA M10-P / Super-Angulon 21mm f3.4

ICHIRO

昨夜、イチローが現役引退を表明した。来るべき日が来てしまった。今年のキャンプからオープン戦、開幕戦とあのイチローが全く打てない様子を見ながら何となく感じていたことが現実となった。ただ、彼なら50歳まで本当に現役を続けるのではないかと思い込んでいた。

仕事柄、役得と感じる仕事が稀にある。今から7年前の2012年、今年と同じアスレティックスvsマリナーズのMLB開幕戦が東京ドームで行われた。こういう変則的なMLBの開幕は初めてのことだったので特別なイベントが催されることになった。当時はライブステージやライブイベントも多く撮っていたので自分にお声がかかり、ワクワクして東京ドームへ向かった。

東京ドームのグランドレベル、メジャーの選手たちと目と鼻の先での撮影はエキサイティングな体験だった。スポーツカメラマンならば当たり前の事だと思うが畑違いの自分が彼らと同じグラウンドに立っていること自体が夢のようだった。その時はカメラマンというよりも野球少年の頃の自分に戻っていた。

もちろんイチローもマリナーズの一員として来日し、数メートル先のイチローの息遣いを感じながら彼をカメラに納めた。イチローはテレビなどを通じて見るよりも意外と身長が高い。近くで見るとそれを改めて感じたことを今でも記憶している。彼の記録に関してはもう言葉では言い尽くせないほどの偉大なプレイヤー。普段から節制を心がけ、常に美しく強くしなやかで独自の美学を持った稀有のアスリートだった。

平成が生んだ偉大なスターがまたひとり現役を終えた。長い間、夢をありがとう!そしてお疲れ様でした。次のステージでの彼の活躍を期待したい。

LEICA Q-P

LEICA Q-P

MOOMINVALLEY PARK

本日、飯能市の宮沢湖の湖畔にムーミンバレーパークがオープンした。2月末から今週まで何度も通い、施設の撮影に携わった。穏やかで美しい湖、北欧らしさが感じられる針葉樹、小高い山や丘などムーミンの世界観に相応しい自然豊かなシチュエーションの中に新しい形のテーマパークが完成した。ムーミンは日本ではTVアニメで有名だが独特の世界観で世界中にファンが多い。

自分も改めて文庫本などを読み返したが綴られている言葉自体はシンプルだが意外と難解な世界観でこれを難解と感じる事自体が頭が固くなっている証拠なのかもしれない。パークはゆったりと自然を満喫しながらムーミンの世界を感じて過ごすにはとても良い環境で天気の良い日など最高に癒される場所だ。自分も落ち着いた頃に今度はゲストとして訪れてみたい。

L1003011.JPG
L1003028.jpg
L1003037.jpg
LEICA M10-P / Super-Angulon 21mm f3.4

LEICA M10-P / Super-Angulon 21mm f3.4

2011年3月11日

あれから8年も過ぎてしまった。
2011年3月11日のことを書いた旧ブログの内容を忘れずに肝に銘じておくためにも残しておきたい。

言葉がみつからない

3月11日午後2時46分。私は届物があって銀座1丁目のビルのエレベーターに乗り込む直前だった。グラグラと揺れを感じて思わず乗ることを止めてビルの外へ出てみた。

その直後、大袈裟ではなく銀座全体が大きく揺れ、生まれて初めて身の危険を感じた。行きかう人たちからも悲鳴が聞こえ、ビル内に居た人たちも次から次へと表へ飛び出てきて銀座は騒然となった。

道路やビルがあれほど揺れるのを見たことがなかった。まるで映画のワンシーンを見るような錯覚すら覚えてしまい、自分でもどこをどのように歩いていたのかあまり記憶が無い。

最初の印象はとうとう来た!という印象だった。長く大きく揺れてこのままもっと大きな揺れになって東京が壊れるのではないか?という恐怖感。

ワンセグを起動すると震源地は遠い宮城らしい。にわかに信じられなかった。てっきり東京近辺だと思った。それほどの揺れだった。その後も余震による大きな揺れは治まらず、正直生きた心地がしなかった。

その日は夕方に幕張で撮影があり、なぜか行かなければと思い、全面閉鎖された首都高や高速は使わず一般道で幕張へ向かった。

その後、続々と入ってくる情報でこれは本当に大変なことが起きた。と。撮影どころかこれから通過する浦安や目的地の幕張もどうなっているか分からないのでは?と感じて関係者へ連絡を試みたが繋がるのはツイッターのみ。

どうするか迷いながら運転をしていると奇跡的に担当者から連絡が入り、イベントも撮影も中止に決まった。その頃になると自分自身も少し落ち着いてきたのでどう対処するかを模索しながらとりあえず自宅へ帰ることにした。

大渋滞が予測される一般道しか道は無かったし、いつ着くかも分からなかったが刻々と入ってくるテレビの映像とツイッター情報でどういうことが起きているのかが把握でき、比較的落ち着いた気持で自宅へ向かうことができた。

結局、60キロの距離を約7時間かけて帰宅した。帰宅して改めてテレビで見た被災地の映像は信じられなかった。現実にこんな恐ろしいことが起きてしまうのか?という気持と次々に来る余震でその日は眠れなかった。

これを書いている今でも小さくとも余震は続き、いつも揺れている感覚から抜け出せない。落ち着いた精神状態が保てない。だがしっかりと日常を取り戻さなければと思う。

正直、被災地の方々への言葉は見つからない。自分自身これほど恐怖感とショックを受けたことも記憶にない。今は一人でも多くの人々が無事であることをただ祈るのみだ。

ワンデーリモデル

自宅マンションは築30年近い、その為、ここ数年で色々な場所のリフォームを行ってきた。部屋全体の壁・天井、バスルーム、キッチン、そして今回、トイレのリフォームを行った。普段は仕事として内装全般を撮影している。その中にはトイレメーカーのショールームなどの撮影も多い。TOTO、INAX(今はLIXIL)はひととおり撮影したことがある。ただ、あくまで仕事の撮影で他人事だった。

しかし今回、初めて顧客の立場で検討してみるとトイレのリフォームとはなかなか難しい工事だと実感した。特に古いマンションではトイレ自体の広さや古い水廻りなどハードルも高く、初めは予算も控えめで便器もそこそこのもので良いと考えていたが、自分も相方殿も元々はインテリアデザインの世界の人間、いざリフォームをやるとなったら妥協できなくなった。

実際にTOTOやLIXILのショールームを訪ね、実物を見て細かいところを確認しながら最終的にはTOTOのネオレストワンデーリモデルという便器+手洗い付きのものに決定した。内装デザインは相方殿に任せた。実際に経験してみるとショールームを訪ねることも夜な夜なふたりで試行錯誤することも楽しいものだった。最終的なデザインは一面だけイエローの壁面、カラフルな石片を散りばめたポップなデザインの床、奥の壁面の間接照明などかなり凝ってしまった。

また、相方殿のたっての希望で自分の写真も控えめながら飾ってみた。シンプルなトーンの内装なのでタンバールとヘクトールのモノクロームの拙作にした。今回のリフォーム、今までは撮影者の視点ばかりだったがショールームを訪れる来場者の気持ちもよく分かり、貴重な体験となった。

L1002530.jpg
LEICA M10-P / SUPER-ELMAR-M 21mm f3.4 ASPH. 便器の配管等、仕事柄、美しくレタッチさせて頂いている。にしてもこの銘レンズでトイレを撮るのは贅沢の極み?(笑)

LEICA M10-P / SUPER-ELMAR-M 21mm f3.4 ASPH.
便器の配管等、仕事柄、美しくレタッチさせて頂いている。にしてもこの銘レンズでトイレを撮るのは贅沢の極み?(笑)