アルキメデスの大戦

戦艦大和を描いた映画は過去に数多くあったがこのように描いた作品は今まで無かった。たまたまこの映画の予告編を観て心に引っかかり、ものすごく観たい想いが強くなり、公開を心待ちにしていた。理由は自分でも分からない。そしてなんと初日の初回の上映を観てしまった。こんなことは初めてのこと。

あらすじは戦艦大和の建造に関わる海軍部内の争いを軸にひとりの天才数学者が大和建造を阻止する物語。現代にも通じる海軍部内の愚かな争いや、避けられない戦争への道、その中でも賢明な人々の戦争阻止の為の努力など、数学エンターテイメント的な面白さも合わせ持ちつつ、こういう切り口で戦艦大和を表現し、戦争を考えさせる作品は今まで無かった。

監督は「永遠のゼロ」「ALLWAYS 三丁目の夕日シリーズ」などのVFXで有名な山崎貴。冒頭の大和沈没シーンは短い時間ながらインパクト十分、過去の大和を扱った作品と比べてもダントツのクオリティで映画が始まった瞬間から目の前で大和が轟沈していくシーンが飛び込んでくる。大和の歩んだ悲劇的な運命を知っている人にはそれだけで泣けてくるようなリアルさ。戦争映画だが戦闘シーンはこれだけ。俳優陣も菅田将暉、舘ひろし、橋爪功、國村隼、田中泯、笑福亭鶴瓶などなど個性が強くて蒼々たるメンバー。

ラスト近くの菅田将暉と田中泯との大和に対する思いのぶつかり合いはその深い意味も含め、見応え十分。太平洋戦争の歴史は後世、指導者側の史実が主に残され続けている。だが、中には指導者たちに異を唱え、正しい信念を貫いた人々も少なからず存在したはず。今までとは違う視点から戦争を見るという意味、そして過去の大和作品とは違って大和賛美だけで終わらないこの作品は期待を大きく上回る傑作!

映画冒頭にほんの短いシーンだが史実に基づいた象徴的なシーンがある。大和の攻撃で撃ち落され、海にパラシュートで落下した米軍パイロット、それをすぐさま救助の為に飛来する飛行艇、サッと救助して何事も無かったかのように飛び立っていく。それを目の当たりにした大和乗組員のあっけにとられたような驚きの表情。大和最後の出撃は援護も何も無い決死の特攻作戦。兵士(人の生命)に対する考え方の違い。このシーンを入れた制作陣の思いは重く感じる。

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

スターウォーズよりも・・・

スターウォーズのサイドストーリー?のハンソロが公開されている。1977年公開のエピソード4からのスターウォーズリアル世代としては興味は無いわけではないが、ここ数年のスターウォーズシリーズには正直疑問符が付く。特にディズニー制作の作品からは何としても観たい!とは思わなくなった。ストーリーとしては全て繋がっているとは言え、ビジネスライクで脇道にそれ過ぎている印象が強い。

実はスターウォーズよりもお気に入りのシリーズがある。ジュラシックシリーズだ。1993年公開のジュラシックパークからリアルで観てTVなどの再放送でも何度も何度も観ている。このシリーズだけは何度観ても飽きない。スターウォーズの映像にも当時は驚いたがジュラシックパークの恐竜のリアルさとそれらが俳優と同時にスクリーン上で違和感無く動いている様はこんな映像が本当に出来るのか?と驚愕した。

やはり恐竜というものはいくつになっても未知の生物でもあり、ある種の憧れでもあり、同時に我々地球上に住む生物としてのルーツでもある。それがスクリーン上で時を越えて現実のように映し出される。スターウォーズは娯楽としては楽しいがジュラシックシリーズとはリアリティが違う。今週末公開の「ジュラシック・ワールド/炎の王国」も公開と同時にぜひ観たいと思っている。

LEICA Q

LEICA Q

SCOOPのコンタックス

WOWOWの映画放送はありがたいことに公開されてほぼ1年以内には放送される。先週末は少し前に録画しておいた日本映画3本立てで楽しんだ。「シン・ゴジラ」は昨年映画館で観たものをもう一度。「SCOOP」と「グッドモーニングショー」は映画館では見逃したもの。「シン・ゴジラ」のことはもう出尽くした感があるのでパス。後の二本はなかなか面白かった。

映画は好きだが語るほど精通しているわけではないので映画評論でよくある分析したり重箱の隅をつつくようなコメントはしない。まして貶す為にわざわざ書くほど無意味なことはないのでそれも無し。良かった点を書きたい。「グッドモーニングショー」は今時のワイドショーの作り手側から描いた作品。番組作りのプロセスやそれぞれの思い、人間模様などを軸に中井貴一が安定の好演でなかなか面白かった。少々荒唐無稽な部分もあったが小型カメラとマイクが大活躍。思わず笑ってしまった。

カメラ好きとしては「SCOOP」は公開の時から気になっていたが見逃してしまっていた。細かいことはさておき、普段でもEOS使いの福山雅治がさすがの使い手ぶりを披露していた。二階堂ふみもキュートに好演。ピリッと利いていたのがリリー・フランキー。あの役は彼しかない。周りも吉田羊、滝藤賢一などで固め脇役陣も良かった。

そして何より福山が役の中で憧れて持っていたコンタックスⅡ型。あのロバート・キャパが使用していたカメラ。そして若干ネタバレになるがキャパとコンタックス繋がりで映画のラスト近くは「崩れ落ちる兵士」へのオマージュ。その辺を分かっているカメラ好きには楽しめる映画だった。

LEICA Q

LEICA Q