髑髏城の七人・風

豊洲にあるIHI STAGE AROUND TOKYOで行われている劇団新感線・髑髏城の七人「花鳥風月」。5月の「花」8月の「鳥」に続いて、昨日「風」を観劇。「花」観劇の頃は全て観ることになるとは予想もしなかったが12月に「月」も行く予定と相成った。

「花鳥風月」4シーズンともあらすじの基本は変わらないがシーズン毎に役者と舞台構成と演出を変えて上演されている。今回の「風」の上演時間は、第一幕1時間25分、休憩20分、第二幕1時間55分、トータル上演時間3時間25分!長い!が、昨日も満席!カーテンコールもほぼ全員でスタンディングオベーション!毎公演チケットも数分で完売!その魅力は言葉では到底説明しきれない。

アラウンドシアターということもあってアトラクション感覚の圧倒的なエンターテイメント性に興奮させられて毎回細かいところはうら覚え状態。ただ、大いに笑い、楽しみ、観終わった後の満足感は半端ではない。劇場を出る観客たちもみな幸せそうな顔ばかりだ。日常を忘れさせてくれるステージはやはり良いものだが、劇団・新感線は別格だ。

 LEICA Q

LEICA Q

髑髏城の七人・鳥

昨夜は劇団新感線の「髑髏城の七人」の観劇へ。日本唯一の回転劇場、IHI STAGE AROUND TOKYOで1年間通して「花・鳥・風・月」連続4公演のロングラン公演。4月の花に続いて今回は鳥。今回は二度目の観劇だったので劇場の雰囲気や超長い公演時間(休憩挟んで3時間半!)もリラックスして楽しめた。相変わらず新感線のステージは良い意味でハチャメチャ。大いに笑わせ、驚かせ、感動させて最後はお腹いっぱいの満足感。今日本で一番人気があってチケットが取り難いのも頷ける。昨夜もほぼ満席!最後は全員でスタンディングオベーション!

今回は観劇はほとんど初心者、もちろん劇団新感線も初めての娘のような子も一緒の観劇だった。その子も凄い!凄い!の大連発。見終わってプロレス観た後のような爽快感!と評してこの感動を誰かと共有したいけど観ていない友人たちには伝わるはずない!と嘆くほどの気に入りよう。自分も4月に初めて観たときは同じ感想だった。誰かに話したい!共有したい!と。チケット代も13,000円とお安くないがこの価格が高くない!と心底思えるほどの中身の濃さ。やはり生のステージから伝わる感動は格別だ。そして新感線は病み付きになる。

 LEICA M-P / SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH.

LEICA M-P / SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH.