アルキメデスの大戦

戦艦大和を描いた映画は過去に数多くあったがこのように描いた作品は今まで無かった。たまたまこの映画の予告編を観て心に引っかかり、ものすごく観たい想いが強くなり、公開を心待ちにしていた。理由は自分でも分からない。そしてなんと初日の初回の上映を観てしまった。こんなことは初めてのこと。

あらすじは戦艦大和の建造に関わる海軍部内の争いを軸にひとりの天才数学者が大和建造を阻止する物語。現代にも通じる海軍部内の愚かな争いや、避けられない戦争への道、その中でも賢明な人々の戦争阻止の為の努力など、数学エンターテイメント的な面白さも合わせ持ちつつ、こういう切り口で戦艦大和を表現し、戦争を考えさせる作品は今まで無かった。

監督は「永遠のゼロ」「ALLWAYS 三丁目の夕日シリーズ」などのVFXで有名な山崎貴。冒頭の大和沈没シーンは短い時間ながらインパクト十分、過去の大和を扱った作品と比べてもダントツのクオリティで映画が始まった瞬間から目の前で大和が轟沈していくシーンが飛び込んでくる。大和の歩んだ悲劇的な運命を知っている人にはそれだけで泣けてくるようなリアルさ。戦争映画だが戦闘シーンはこれだけ。俳優陣も菅田将暉、舘ひろし、橋爪功、國村隼、田中泯、笑福亭鶴瓶などなど個性が強くて蒼々たるメンバー。

ラスト近くの菅田将暉と田中泯との大和に対する思いのぶつかり合いはその深い意味も含め、見応え十分。太平洋戦争の歴史は後世、指導者側の史実が主に残され続けている。だが、中には指導者たちに異を唱え、正しい信念を貫いた人々も少なからず存在したはず。今までとは違う視点から戦争を見るという意味、そして過去の大和作品とは違って大和賛美だけで終わらないこの作品は期待を大きく上回る傑作!

映画冒頭にほんの短いシーンだが史実に基づいた象徴的なシーンがある。大和の攻撃で撃ち落され、海にパラシュートで落下した米軍パイロット、それをすぐさま救助の為に飛来する飛行艇、サッと救助して何事も無かったかのように飛び立っていく。それを目の当たりにした大和乗組員のあっけにとられたような驚きの表情。大和最後の出撃は援護も何も無い決死の特攻作戦。兵士(人の生命)に対する考え方の違い。このシーンを入れた制作陣の思いは重く感じる。

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

保護フィルタ

レンズフィルタ、特に保護フィルタについては人それぞれの考え方があるようだ。自分は仕事の場合は保護フィルタ類は一切付けない。撮影目的によってはPLフィルタは使用するケースもあるがその他のフィルタ類は使ったことがない。理由はレンズ自体の光学性能を損なう可能性がゼロとは言えないから。

当然、プライベートで愛用しているライカも同じ事が言える。いや言えたといった方が正しい。銀座の匠のアドバイスを頂く前までは・・。ライカレンズこそ最高の光学性能を持ったレンズでそれを損なうなど邪道だと考えていたし、オールドレンズに至っては個々のクセが個性でそれを邪魔するようなモノは一切付けたくなかった。

ただ、数年前、銀座の匠にレンズ修理で伺った折、板村さんはフィルタは付けないのですか?と聞かれ、控えめに持論を伝えたところ、厳密に言えば自分には写りのことは分からないけれどライカレンズで素のままのレンズは目に見えない埃や汚れがこびりついていてクリーニングしても取れないことが多々あるとのこと。いい加減に扱っていなくてもこれは避けられないことだと。

長い年月を経るとコーティングも損なれることもあって、ライカレンズは長く使えるものだし、高価で貴重なものも多いので出来れば保護フィルタは付けておいた方が賢明だと。持論はあったがそう言われると普段からライカレンズは人類の財産で自分が死んだ後も誰かに使われる運命と考えていたのでその日から保護フィルタをつけることに決めた次第。

言われてみれば保護フィルタの有る無しの写りの違いは厳密に言えば自分にも見分ける自信はない。少々不遜な言い方だが仕事用のレンズは替えがいくらでもある、だがライカレンズの替えはない。人類の財産の為に持論を少しだけ曲げたのだ。ちと大袈裟な言い方になるが・・・。

LEICA Q-P

LEICA Q-P

モダン亭太陽軒

昨日はプライベートでちょっとした記念日だったので地元川越のモダン亭太陽軒へ。洋館風の西洋料理店で建物は国の登録有形文化財。最近SNSなどでにわかに有名になっている川越スカラ座という老舗の映画館の隣にある。

「県産の食材などを使用して料理人の工夫、店舗の雰囲気など豊かさを実感できる埼玉ならではのグルメ」ということで埼玉県S級グルメに指定されているらしい。お店は雰囲気も料理も和洋折衷の趣きで独特の空気感。観光客よりも地元の人に愛されている料理店で好感が持てた。

肝心の料理は独特で一見フレンチ風だが味は和風にアレンジされていてどちらかと言うと薄味、食材そのものの味を大切にしていて体に優しく我々世代にはちょうど良い味付け。盛り付けもお皿も大正ロマン風でこういう料理店は今まであまり経験した事がない。

ランチもディナーもコースのみで何種類かある。昨日はディナーコースの中で一番リーズナブルなコースだったがそれでも十分堪能できた。この先も季節ごとの食材などが楽しめそうなので次回は秋にでも行ってみたいと思う。

L1020144.jpg
L1020151.jpg
L1020156.jpg
L1020158.jpg
L1020161.jpg
LEICA Q-P

LEICA Q-P

村田諒太の夜

昨夜のWBA世界ミドル級タイトルマッチは意外な結果で驚くと共に久しぶりに感動してしまった。昨年、ラスベガスで一方的な判定負けでタイトルを失った村田諒太、その時のボクシングはとてもプロのチャンピオンとは思えないお粗末な内容で彼はもうこのまま引退と思っていた。それが9ヶ月ぶりの再戦で見事なTKO勝ちでタイトルを奪還した。

一般的にはボクサーは持って生まれたスタイルがある。練習で磨きをかける事は出来るがスタイルそのものはなかなか変えられないものだ。例えば井上尚哉などは持って生まれた優れた資質と厳しいトレーニングであのような世界的なレベルのボクサーになった。攻守のスピードとバランス+ハードパンチャースタイルは彼独自のスタイルで他のボクサーには真似できない。これは教えられて身に付くものではない。

村田諒太はロンドンオリンピックのゴールメダリストだがスタイルはアマチュアらしいディフェンスをベースにしたテクニックと右の強打のボクサーだ。プロになってもそのスタイルは大きくは変わらずあまりプロっぽくなく好戦的なボクサーではなかった。性格も真面目で優しい、それが仇になる試合もあった。

ラスベガスではそれが出てしまって相手のロブ・ブラントの異常な手数に押されっぱなしで何も出来ないまま敗れた。それが昨夜はどうだ!1ラウンドから相手のパンチを恐れず強打を繰り出した。2ラウンドも続けてパンチを打ちまくった。技術的な事はさておき、まさしくプロのボクサーはこうでなくてはならない。

村田の必ず勝つという気持ちが全面に出た素晴らしいボクシングだった。彼の気持ちが伝わってきて感動した。世界タイトルマッチという大舞台でここまでスタイルを変えられたボクサーはあまり見た事がない。このスタイルを続けられるのならばチャンピオンとしてまだまだやれると思う。

LEICA M9-P / Thambar 90mm f2.2

LEICA M9-P / Thambar 90mm f2.2

久しぶりの北の地

今週前半は久しぶりに札幌でのお仕事だった。白い恋人というお菓子はよく知られているが今や日本国内はもちろんアジアでも有名なお菓子で新千歳空港でもあちこちの売店でかなりの数が売られている。まさに北海道をそして日本を代表する銘菓。

その白い恋人を生んだ石屋製菓の札幌工場は白い恋人パークと呼ばれ、中世の雰囲気を持った館やガーデニングの世界が広がるさながらテーマパークの世界。パートナーとしてスポンサードしているコンサドーレ札幌の練習場も隣接して地元では有名なスポット。

その白い恋人パークがリニューアルされて本日7月12日にオープンした。ストーリー仕立ての新たな見学コースが充実し、その他の付随施設も一新した。今回の札幌でのお仕事はそのリニューアルした白い恋人パークの撮影。

施設は内容も濃くボリュームがあって撮影量も多く、久しぶりに長時間の撮影となったが、もともとテーマパークが好きで日本で一番数多くテーマパークを撮影してきたカメラマンと自負?している自分にとっては仕事ということを忘れて実に楽しい時間になった。

北海道の仕事ではもうひとつ小さな楽しみがある。往復の飛行機旅だ。羽田を飛び立って北へ向かう途中、雲海を超えるとそこはかつてパイロットを目指した自分にとっては憧れの世界。なぜか北行きが好きで窓の外に広がる刻々と変化する光景を夢中で望め続けている。そういうひと時が毎回楽しみ。

今回、仕事用機材が大量にあった為にサブのカメラはRX100M6のみ。相変わらずのスーパーサブっぷりには感心させられた。機内からの光景や現場での咄嗟のカットなどサラッと撮れてしまうがクオリティはプロの機材並み、最高最強のコンパクトカメラだ。

RX100M6

RX100M6