ワンデーリモデル

自宅マンションは築30年近い、その為、ここ数年で色々な場所のリフォームを行ってきた。部屋全体の壁・天井、バスルーム、キッチン、そして今回、トイレのリフォームを行った。普段は仕事として内装全般を撮影している。その中にはトイレメーカーのショールームなどの撮影も多い。TOTO、INAX(今はLIXIL)はひととおり撮影したことがある。ただ、あくまで仕事の撮影で他人事だった。

しかし今回、初めて顧客の立場で検討してみるとトイレのリフォームとはなかなか難しい工事だと実感した。特に古いマンションではトイレ自体の広さや古い水廻りなどハードルも高く、初めは予算も控えめで便器もそこそこのもので良いと考えていたが、自分も相方殿も元々はインテリアデザインの世界の人間、いざリフォームをやるとなったら妥協できなくなった。

実際にTOTOやLIXILのショールームを訪ね、実物を見て細かいところを確認しながら最終的にはTOTOのネオレストワンデーリモデルという便器+手洗い付きのものに決定した。内装デザインは相方殿に任せた。実際に経験してみるとショールームを訪ねることも夜な夜なふたりで試行錯誤することも楽しいものだった。最終的なデザインは一面だけイエローの壁面、カラフルな石片を散りばめたポップなデザインの床、奥の壁面の間接照明などかなり凝ってしまった。

また、相方殿のたっての希望で自分の写真も控えめながら飾ってみた。シンプルなトーンの内装なのでタンバールとヘクトールのモノクロームの拙作にした。今までは撮影者の視点だけだったがショールームを訪れる来場者の気持ちもよく分かり、貴重な体験となった。

L1002530.jpg
LEICA M10-P / SUPER-ELMAR-M 21mm f3.4 ASPH. 便器の配管等、仕事柄、美しくレタッチさせて頂いている。にしてもこの銘レンズでトイレを撮るのはお初。(笑)

LEICA M10-P / SUPER-ELMAR-M 21mm f3.4 ASPH.
便器の配管等、仕事柄、美しくレタッチさせて頂いている。にしてもこの銘レンズでトイレを撮るのはお初。(笑)

憧憬

雑誌Penの最新号での操上和美氏の使い込まれたブラックペイントのM4とスーパーアンギュロン!
自分がこのレンズに痺れたのがまさにこのスタイル。「スーパーアンギュロン」ライカフリークにとっては特別な響きだ。

初代スーパーアンギュロン(SA)はf4でシュナイダー社製のLマウントレンズ。当時のライカは21mmという広角レンズを生産する技術を持っていなかった。二代目のSAからF3.4、Mマウントとなり、対称系レンズ構成の独特の写りで多くの写真家が傑作を生み出した。この二代目SAはM型ライカが一番輝いていたM3時代の超広角レンズとして当時としてはプロの写真家の間では特別の存在だった。特にコダクロームとの相性は周辺光量落ちと独特の彩度、墨が混ざったような色合いはこのレンズの特性と相まって独自の世界が表現されていた。

自分の最初のライカはバースデイライカのM3。当時はズミクロン50mmを手にするだけで精一杯。このレンズには手が出なかった。ファーストコンタクトは往年の写真家たちの過去の作品。それらを通してこのレンズの存在を知った。作品とは別にレンズデザインの良さが抜きん出ていた。専用フード12501と専用外付けファインダーSBKOOを装着した姿は理屈抜きに格好良く、とにかく憧れのレンズだった。

その後、M8、M9の時に初めて使用したが後玉の関係で内蔵露出計が使えず、かつ周辺の色被りも酷く、マニュアル露出でモノクロといういかにも玄人的な扱いでしか撮影できなかった。そこがまた良かったのだが使いづらいことは確かだった。その後は手放してしまい、常に気になる存在ではあったが今ではなかなか良い玉に出会えなくなってしまった。そして二代目SA以降その名は復活しなかった。

2011年にリリースされたこのスーパーエルマーが実質の後継レンズとなった。ライカもその謳い文句でこのレンズを紹介している。現代のパースペクティブなシーンではもはや21mmは広角レンズとして物足りない印象も否めないが光のコントラストが強くドラマチックなシーンが多くなる今の時期には「広角の標準レンズ」としてピッタリだ。ライカの21mmは「SAへの憧憬」が常に自分の中に内在するスペシャルな存在だ。

LEICA M10-P / SUPER-ELMAR-M 21mm f3.4 ASPH.

LEICA M10-P / SUPER-ELMAR-M 21mm f3.4 ASPH.

RIKA KIHIRA

フィギュアスケートの紀平梨花さん。今自分が一番熱い視線を注いでいる選手だ。フィギュアスケートには以前からご縁があって2年前までは毎年年末に仕事で全国のスケート会場に足を運んでいた。そこで幸運にも浅田真央ちゃんや安藤美矩さん、高橋大輔君、織田信成君、レジェンドになる前の羽生結弦君などの滑りを目の当たりにしてきた。

一昨年の暮にその仕事を終えてフィギュアスケートを会場で生で観ることはなくなってしまった。ちょうどそのタイミングで彗星のように現れたのが紀平梨花さん。浅田真央ちゃんに憧れ、トリプルアクセルを武器に昨年から国際大会5連勝中だが今シーズンのフリー演技には特に魅せられている。

カナダのジェニファー・トーマスの名曲「A Beautiful Storm」と紀平さんのスケーティングが創り出す世界は何度観ても魅せられてしまう。これほど曲とスケーティングがマッチして感動を与えてくれるフリー演技は今まで観たことがない。真央ちゃんのソチのフリー演技も心の底から感動したが真央ちゃんにあった悲壮感やプレッシャー感とは違う紀平さんの伸び伸びとした演技には爽快感すら感じる。

紀平さんのスケーティングには上手さ、柔らかさ、優雅さ、しなやかさ、強さが全て感じられ、他のスケーターとは一線を画す魅力がある。持って生まれた身体的資質に加え、日々のトレーニング、音楽の解釈と演技力、本番での冷静な判断力と勝負強さなど全てが備わった今までの日本人スケーターにはない稀有の能力を感じる。まだ16歳にもかかわらず、常に前向きで誠実な受け答えにも敬服する。

昨年のグランプリファイナルでの演技を観てこれはぜひ生で紀平さんの演技が観たい!と強く感じていたが運よく3月のさいたまスーパーアリーナでの世界選手権、女子フリー演技のチケットが手に入りそうなので今から楽しみで楽しみで仕方がない。

LEICA Q

LEICA Q

油断

サッカーアジアカップは残念な結果に終わった。一昨日の決勝戦、日本はカタールに1対3で内容的には完敗とまでは言えないがスコア的には完敗だった。昨日はひとしきり評論家や選手たちの選評などが出揃って自分的にもなるほどそういうことだったのかと感じたので書いている。それにしても後ろ向きの勝手な事を言う評論家がサッカー界にも居る事にビックリ。張本のような人はどこの世界にも居るものだ。いずれにしても後ろ向きの発言からは何も生まれない。

ところで決勝戦だが結論から言えば先日イラン戦で書いた事が今度は日本に起こってしまったようだ。吉田主将の言「やはり油断があった」と、準決勝のイラン戦のパフォーマンスがあまりにも良かったが為、最強のイランを破ってのカタール戦ではやはり選手たちの心の中に少しの油断があったようだ。それが前半の2失点に繋がった。もちろんカタールの2ゴールは素晴らしいシュートだがそれを簡単に打たせてしまったのは悔やまれる。

後半は修正して1点を取ったところまでは良かったがVARによるPKで万事休し、結局、前半のほんの少しの油断と後半の不運も重なって敗戦となった。スポーツにもしもは無いがイラン戦がもし快勝に終わらず、苦労しての辛勝だったら結果は違っていたかもしれない。だが個人的にはカタールの優勝も悪い気はしていない。2022年のワールドカップ開催国としての面子が立ったわけで同じアジアの仲間としてこれはこれで良かったと言える。

RX10M4

RX10M4

not 28mm but 24mm?

Qのレンズ前面のネームリングには「SUMMILUX 1:1.7 / 28mm ASPH」と記されていて焦点距離が28mmということが分かる。何を今更だが実はこのQの28mmレンズの画角が限りなく24mmに近いのではないか?今Q-Pを使用しているがQの頃から何となく腑に落ちないと感じていた。

自分の場合、仕事で使用するレンズが「TS-E 17mm f4」と「TS-E 24mm f3.5」がメインでこの2本でほぼ80パーセントの仕事をこなしている。したがって24mmの画角は体に染付いているつもり。24mmと28mmでは広角レンズの中でも広角扱いと標準扱いと言えるほど目的が違う。焦点距離の数値での差はたった4mmだが対角画角で言えば約9度も違ってくる。

Qの28mmは広角の標準レンズのつもりで被写体に向かっていたが28mmよりも感覚的にもう一歩前に出なければしっくりこない。最短付近でも寄るとパースがキツい。ポートレイトで顔の寄りカットなど広角然としていて歪みも無視できない。しかし、24mmと思えば納得。脳内ではSUMMILUX 1:1.7 / 24mm ASPH.として付き合っても悪くはないがQのキャラクター的にはやはり28mmの方がしっくり来る。

LEICA Q-P

LEICA Q-P