ドイツから帰還

3月末にドイツ送りだった愛しの?ズミルックスが昨日帰還した。修理に至った経緯は以前のエントリーで書いたが本当に丸々3ヶ月かかった。当初、トラブルの内容が納得いかなかった為、なぜこのような現象になり、どのような修理をするのか?何度もライカジャパンを通じてドイツ本社に確認をお願いしたが、結局、これと言った理由は説明されなかった。

ただ、昨日、修理から上がってきた我がズミルックスを持参したM10-Pに装着してフォーカスリングと絞りリングを操作した瞬間、なぜ修理が必要だったか?すぐに理解できた。その後、サービスのスタッフから分解調整とグリスアップをした旨、伝えられ、さらに納得した。費用は30,000円弱で本国へ送ったわりには安かった。どうも安すぎる気もしないではないがちょっと引っかかる点でもある。

我がズミルックスは新品当初からフォーカスリングと絞りリングがかなり軽く、スカスカまでは行かないがこれが正しい状態なのか?少々疑問に感じていた。他の新品のライカレンズも軽い傾向にあると感じていたのでそのまま使用していたが、実はグリス抜けの症状があったらしい。それでフォーカスリングにガタが出たらしい。それならば納得。治ってきたズミルックスのフォーカスリングと絞りリングのフィーリングはしっとりとして最高のフィーリング。やるじゃないか!ドイツ本社。

ただ、そのまま使用し続けたらガタだけでは済まなかったと思うと冷や汗ものだ。購入してから4年弱でグリス抜け?というのも複雑だがリミテッドバージョン固有の症状だとしたらまた4年後にはグリスアップが必要になるのか?一生モノのレンズなので付き合っていくしかないのだが今回のような分解調整とグリスアップならばせめて国内で短期間で対応できるようにしてもらいたいものだ。

帰宅直後、あまりにも美しい夕焼けだったので一枚。ドイツ帰りのズミルックス、開放描写のピント精度も写りも素晴らしい。

LEICA M10-P / SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH.

LEICA M10-P / SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH.

THIS IS F1

昨日のF1オーストリアGPは最高のレースだった!DAZNのライブ配信での観戦だったが最近では一番面白くエキサイティングなF1だった。しかもレッドブル・ホンダがホンダとしては13年ぶりの勝利でその内容が他車のリタイヤとかのタナボタではなくまさしく自力で勝ち取ったことに価値があり、久しぶりにF1で感動した。

今年のF1はメルセデス一強状態でレース自体もバトルするわけでもなく2台のメルセデスが淡々とワンツーフィニッシュするレースばかりで本当に詰まらなかった。が、昨夜はこれこそF1と言えるバトルの連続。純粋にマシン同士、ドライバー同士の戦いがあり、チーム戦略の優劣、タイヤ交換の運・不運など観ていてドキドキしっ放し、ラスト10週は息をするのも忘れるほどのレースだった。

何より優勝したドライバーのマックス・フェルスタッペンがポディウムで真っ先に胸のホンダのエンブレムを指差してくれた瞬間、思わず感極まってしまった。この瞬間、彼は世界中のホンダファンや関係者の心を鷲摑みにした。まだ21歳だがドライバーとしての才能も人間性も素晴らしい若者だ。ここからはかつての強かったホンダパワーが炸裂してくれることを期待したい。

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

6月23日という日

本日は沖縄慰霊の日。今から74年前のこの日、沖縄では太平洋戦争時の沖縄戦で組織的な戦闘が終わった日とされている。以前のエントリーでも書いたが太平洋戦争時の沖縄については日本人として必ず知っておかなければならないことがある。しかし、8月15日の終戦記念日に比べ、この日の意味を知っている日本人は非常に少ない。

特に本土に暮らす人々は相変わらず他人事で74年経った今でも昔と変わらず、沖縄に過酷な歴史と負の遺産を追わせ続けている。いったい誰の責任なのか?政治家はもちろんだが歴史をきちんと伝えてこなかった教育者、マスコミ、などなど沖縄に暮らす以外の全日本人の責任だ。

バカンスのついででも良いので一度は沖縄を訪れ、その悲惨な歴史を知るべきだ。そしてぜひ「平和の礎」を訪れて欲しい。そこには全ての戦争犠牲者を慰霊するこれこそが日本が本来持つべき平和を祈る施設としての理想とする姿がある。8月15日と同じように6月23日も全ての国民が沖縄に対して哀悼の意を表す日が来ることを切に願う。

LEICA M10-P / SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH.

LEICA M10-P / SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH.

Test From Ipad

このウェブサイトはSquarespaceというサービスを利用している。しばらくお休みしていたウェブサイトを一昨年の6月に再スタートした折、様々なWEBサービスがある中からデザイン性が優れていることと国内ではまだ利用者が少ないという理由でSquarespaceを選んだ。

また、ブログについては再開した時から写真と文章を満足いく形でアップするにはPCからがベストと考えていた。だが、先月新型のiPad Airを購入したことをきっかけにSquarespaceのiPad専用アプリからのアップもトライしてみようという気になり、遅まきながら撮影した画像を文章と共に速やかにアップすることをテストしてみた。

写真はM10-PからLeicafotos経由でjpg保存、iPad用のPhotoshop Lightroomで補正、フリーアプリでリサイズ後にアップした。今更感はあるが今後の出張時や旅行時などに使えそうな感じ。今やiPhoneやiPadでもRAW現像が可能な時代、PCレスでいつどこからでも高画質な画像をアップできる。この手の進化のスピードについていくのも正直楽ではないがひとつ学べたと前向きに捉えよう。

今日は雲の形とコントラスト、空の青さが印象的な日だった。

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

FIRST STYLE

SUMMARON-M 28mm F5.6は往年の銘玉LマウントSUMMARON 28mm f5.6の復刻版として2016年にオリジナルと同じレンズ構成、仕上げも同じシルバークロームで発売された。その通称赤ズマロンが今年の2月にリミテッドモデルとしてマットペイントのブラックバージョンがリリースされた。ペイントと謳っているが実物はブラッククローム調。奇しくもブラッククロームのM10-Pともグッドマッチングとなった。

オリジナルも復刻版も共にスタンダードモデルはシルバークロームのみの為、ブラックの赤ズマロンはライカにとって初のモデルとなった。復刻モデルとなればフィルム時代の外付けファインダー28mm/SLOOZが良く似合う。ELMARIT 28mm / 1stを所有していた時のものをレンズ本体を手放した後も大切に保管していたことが役に立った。余談だがライカのアクセサリは絶対に手放してはいけないという金言がある。特に古いものはコンディションの良いものが年々入手し難くなってきているからだ。

M型ライカの長い歴史の中でブラックの赤ズマロンとSLOOZのスタイルはFIRST STYLEとなる。ライカフリークにとっては堪らない姿だ。このスタイルを眺めては一人悦に入っている。ブランデー片手になんて言えればオツだが最近はもうアルコールはNGなので眺めているだけだ。

DSC01391_.jpg
LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm F5.6

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm F5.6