金田正一

400勝投手の金田正一が亡くなった。つい最近までワイドショーのご意見番として元気な姿を見せてくれていた。にわかに信じ難い。自分ぐらいの歳の男子にとってプロ野球の名選手達はヒーローだった。中でも金田、長嶋、王は永遠のヒーローだ。

金田は長嶋、王にとっても先輩格で特に新人の長嶋へプロの厳しさを教えたデビュー戦4打席4三振は強烈だった。金田は元々は国鉄スワローズ(現ヤクルト)という弱小球団に所属し、そこで400勝のうちの勝ち星のほとんどを残した。弱い球団で多くの勝ち星を挙げることは並みの投手では出来ない事だ。

400勝と簡単に言うが現役生活20年、その全ての年で連続で20勝を残さなければ記録にならない。今の野球では考えられないことだ。しかも当時はリリーフやクローザーなど確立していない時代、勝利のほとんどが完投勝利!記録に関しては最多通算奪三振、最多通算完投、最多通算イニングなどなど最多記録がこれからも破られそうに無い記録ばかり。やはり不世出の大投手だ。

現役を引退した後もロッテオリオンズ(現千葉ロッテ)の監督としてユニークなパフォーマンスで当時不人気だったパ・リーグをひとりで盛り上げ、観客動員にも大きく貢献した。巨人時代、ドームになる前の後楽園球場で一度だけそのピッチングを生で観たが長身のサウスポーから繰り出される糸を引くような速球の速さだけは強烈に記憶している。

巨人時代は故障もあって往年のスピードは出ていなかったらしいがそれでもマウンド上での勇姿は脳裏に焼きついている。また、人としても他者を貶さず、元気で頑張れ!といった励ますフレーズしか記憶に無い。どこぞの勘違いご意見番のように人を貶す、根拠無くケチをつける姿などほとんど見たことは無かった。野球人としても人としても豪快で素晴らしい人物だった。ご冥福を祈りたい。

LEICA M10-P / Hektor 73mm f1.9

LEICA M10-P / Hektor 73mm f1.9

KAWAGOE SUMMARON

先日、とあるSNSで素敵な写真を撮られている方を発見した。その方のSNS名が、柴又ズマロン!なんと素敵な響き。

ズマロン好きの自分としては思わずこの響きに感心した。川越に移り住んで10年、豊かな自然に囲まれ、歴史的で情緒ある街並みのあるこの地がお気に入り。

その方も住んでいらっしゃる柴又の何気ない光景を美しく残されている。そんな作風がズマロンという響きにピッタリ。ズミルックスでもズミクロンでもない。

僭越ながらマインドだけは肖りたい。ズマロン!何度聞いても素敵な響きである。

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

HCR2019

水曜日から昨日まで3日間、ビッグサイトのHCR2019に通い詰めだった。HCR2019とは正式名を「国際福祉機器展2019」と言って福祉に関するハードウェアやソフトウェア、サービス、関係企業、関係団体などが一堂に会する展示会でこの展示会の仕事に携わってかれこれ14年になる。

初めて携わった2006年は自分自身がまだ母親の介護を続けながらの撮影仕事だったので目にする事すべてが勉強だった。介護業界もまだ黎明期で今ほど参加企業も多くなく、生まれたばかりの介護制度の為の行政、各種関連団体主体の啓蒙・ピーアール的な内容だった。それが今では多くの企業と団体が参加し、福祉車両などは国内主要メーカーはもちろん数年前からはあのメルセデスベンツやアルファロメオなどの福祉車両が出展されるようになった。

今回、改めて感心したのは寝たきりで口と目しか動かせない障害者がニュースや天気予報、照明のオンオフ、その他生活全般でアレクサを便利に使っている映像。CMでカレーがどうとか彼女がどうとかそれもアリだがこれこそがアレクサの有効利用なのではないかと強く感じた。スマホやタブレットなどは介護業界では以前からその有用性は語られてきたが今後5Gの時代になれば障害者にとっては画期的な世界が広がるように感じる。

また、この展示会の特筆すべき光景は来場者も出展者も真剣だということ。知りたい事や調べたい事、新しい技術や知識など日々、福祉・介護の現場で悩んでいることをダイレクトに見聞きし、それに応える出展者の真剣な姿は毎年あちこちで見られる。そんな展示会はなかなか無い。モーターショーなどの単なるPRの場としての展示会が沈没しつつある昨今、ダイレクトな情報交換の場はそれを本当に必要としている人にとっては無くてはならないことを実感した。

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

小林彰太郎氏のこと

先日のカーグラフィックTVでカーグラフィック誌(CG誌)の創設者・小林彰太郎氏の生誕90年の特別企画を放送していた。小林彰太郎というと自分と同年代の車好きには有名な方で特に外国車のマニアには神様のような人だ。だが今の若い年代の車好きの人は必ずしも有名ではないらしい。何人かに氏のことを尋ねてみたがほとんど知らなかった。残念なことだ。

企画の内容は歴代のCG誌編集長やCG関係者の方々が小林氏の人となりを振り返りながら自分達がいかに氏の影響を受けたか、氏の哲学的で華麗な文章に影響を受けた大手自動車メーカー幹部が今でもいかに多いかを語っていた。中でもレースに対する情熱や晩年まで続いたヨーロッパの旧車への愛情の深さを語っていた。

実は小林氏とは血は繋がっていないが自分とは親戚関係になる。少しおこがましい気持ちだが相方殿の父親、つまり自分の義父が小林氏とは従兄弟同士の関係で若い頃から車や音楽などで親しくしていたそうで晩年まで親交が続いていた。小林氏とは義父の葬儀の折、最初で最後、ただの一度だけお会いしてお話をさせて頂いたことがある。

その時の話の内容は本田宗一郎氏のこととライカのことだった。自分が根っからのホンダファンだと伝えると小林氏はホンダS500試乗会からの本田宗一郎氏との関係、F1参戦時のことなどひとしきり本田宗一郎氏との思い出話を聞かせて頂いた。また、ホンダが初めてF1に参戦した1964年、自費で渡欧して日本人ジャーナリストとしては初めて現地取材をした時のことも伺った。

その中で撮影はライカを使用されていたことを知っていたのでそのことに触れるとカメラはバルナックライカのⅢfでレンズは50mmと90mmを使用して撮影されたことを懐かしそうに語って下さった。1960年代という海外旅行すら一般的ではない時代に渡欧し、ライカを携えながらホンダS600を駆ってヨーロッパのF1サーカスを転戦・取材を続けるなどモータージャーナリストの世界でもパイオニア的存在。

やはり小林彰太郎氏は後にも先にも不世出のモータージャーナリストだ。そんな方とほんのひと時だったが直接お話を伺える時間が持てたことは今振り返ると貴重な経験だった。ホンダが小林彰太郎氏を悼んで綴った追悼コラムからも氏の偉大さが分かる。

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

ウチのお姫様

腎不全になってはや1年半が過ぎたウチのお姫様のイネ様。三毛猫特有のツンデレは相変わらず、見た目はかなり痩せてガリガリに見えるのだが、調子はすこぶる良い。いきつけの動物病院のドクター曰く、腎臓は完全に機能していないし、あわせていつも貧血気味らしいのだがその状態に体が慣れてしまっているらしい。小さな体だがその生命力には驚かされる。

相方殿と二人がかりで毎晩、輸液を注入するのがルーティンでウチの生活はこのお姫様中心に回ってしまっている。その為、もう一匹の黒猫のムギ君は忘れられがち。もともと黒猫はドジで少々お頭が悪く、マヌケなのだがちょくちょく忘れてしまわれていることはちょっと可哀想に思うときもある。

まあ本人は全く気にせず、淡々とおバカ振りを見せてくれているのが救いだが。何はともあれ、ウチの家族なので出来るだけ長く仲良く過ごせていけたらと思う。まあそれにしても今のお姫様は手間とコストがかかり過ぎるのがなんとも頭が痛い。

LEICA M10-P / SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH.

LEICA M10-P / SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH.