愛しのSUMMILUX

一番のお気に入りで常に傍らにあった「SUMMILUX-M 50mm f1.4 ASPH. BlackChrome」がドイツ送り3ヶ月コースとなってしまった。ライカ銀座で予約購入して約3年、さほど過酷な状況で使用していたわけではないがフォーカスリングに変なガタが出始めたのが昨年暮、微妙なガタだが気になり出すとやはり使用頻度も落ちる。M10-Pのセンサークリーニングで銀座へ寄ったついでにサービスで見てもらうことにした。

予想では何がしかの締め直し程度で治ると思っていたがさにあらず、かなりの重症とのこと。通常使用の新品から3年弱でこんな症状は初めての経験、サービススタッフも見たことのないガタだと。その上、ASPH.レンズは特別な機械を使用しないと調整出来ず、国内では無理とのこと。ドイツ送りは何年ぶりだろう?久しく経験していなかったので驚いた。

それにしても相変わらず要する時間は3ヶ月とのこと、今時こんなことを真顔で言えるメーカーはライカだけ。ショックだったが仕方ない。生まれ故郷で完治して早く戻ってくる事を祈るしかない。心配なことはこういうケース、良からぬ感情が沸き起こること。ライカという病はカメラにしてもレンズにしても何かが居なくなると代わりになりそうなものを物色し始める傾向がある。耐えられるだろうか?

LEICA Q-P

LEICA Q-P

Q2はQ-P?

先日、M10-Pのセンサークリーニングの為、久しぶりにライカ銀座へ足を運んだ。平日のせいかサービスもショップもお客は私ひとり。顔見知りのスタッフとしばしQ2談義。初めて触った印象はかなり洗練されてM10-Pに感じた高い完成度。インターフェイスもM10-Pと同じになってボタンもすっきりで操作性もすこぶる良い。余談だがデジカメには付き物だったゴミ箱アイコン、これを無くしたのは目から鱗でライカの慧眼。

肝心のQ2だが少々大きくなったレンズのスペックはQと同様、デジタル部は約4700万画素のセンサー、防塵防滴仕様、進化したEVF、その他細かい点ではボタンのM10-P化、メインスイッチ、マニュアルフォーカシンングリングも感触が良くなった。細かいところで全てがブラッシュアップされた。スタッフとの会話で結論としてこのQ2が実は真のPではないの?と。

仕事柄5000万画素クラスのデータの価値とハンドリングの大変さは分かっているがQのメイン用途であるスナップシューターにとって4700万画素が必ずしも必要とは思えない。PCや周辺機器にもかなりの負担増になる。これはプロが余裕を持ったデータ量が欲しい時、あるいは繊細で緻密な描写の画像が欲しい時、それらを過酷な条件下でもトラブル無く目的が達せられること。これこそプロフェッショナルモデルが必要としてるスペック。まさに今回のQ2がそうだ。

ついでに75mmクロップの話も出たが、28mmレンズでの75mmクロップはただ撮れるということだけで本来のレンズ描写とは別次元の話。その場で75mmの切り取りでSNSにアップするユーザー向けで今時の風潮にライカも合わせたということ。そのスタッフとも本来の焦点距離が持つ意味としては否定的ということでは同意見だった。

欲を言えばズミクロン50mmクラスのスペックで同じレンズ一体型のQの標準レンズバーションを出してくれたら75mmクロップも賛同できる、と。Qの28mmベースの35mmクロップ、Qの50mmバージョンで75mmクロップ、28と35で広角系、50と75で標準系。これが自然で理想的なクロップ。ということでここでも同じ意見で大いに盛り上がった。

Qの標準レンズバーションを出したらかなり売れると思うのだがライカ社の担当殿、如何かな?

LEICA Q-P

LEICA Q-P

ICHIRO

昨夜、イチローが現役引退を表明した。来るべき日が来てしまった。今年のキャンプからオープン戦、開幕戦とあのイチローが全く打てない様子を見ながら何となく感じていたことが現実となった。ただ、彼なら50歳まで本当に現役を続けるのではないかと思い込んでいた。

仕事柄、役得と感じる仕事が稀にある。今から7年前の2012年、今年と同じアスレティックスvsマリナーズのMLB開幕戦が東京ドームで行われた。こういう変則的なMLBの開幕は初めてのことだったので特別なイベントが催されることになった。当時はライブステージやライブイベントも多く撮っていたので自分にお声がかかり、ワクワクして東京ドームへ向かった。

東京ドームのグランドレベル、メジャーの選手たちと目と鼻の先での撮影はエキサイティングな体験だった。スポーツカメラマンならば当たり前の事だと思うが畑違いの自分が彼らと同じグラウンドに立っていること自体が夢のようだった。その時はカメラマンというよりも野球少年の頃の自分に戻っていた。

もちろんイチローもマリナーズの一員として来日し、数メートル先のイチローの息遣いを感じながら彼をカメラに納めた。イチローはテレビなどを通じて見るよりも意外と身長が高い。近くで見るとそれを改めて感じたことを今でも記憶している。彼の記録に関してはもう言葉では言い尽くせないほどの偉大なプレイヤー。普段から節制を心がけ、常に美しく強くしなやかで独自の美学を持った稀有のアスリートだった。

平成が生んだ偉大なスターがまたひとり現役を終えた。長い間、夢をありがとう!そしてお疲れ様でした。次のステージでの彼の活躍を期待したい。

LEICA Q-P

LEICA Q-P

not 28mm but 24mm?

Qのレンズ前面のネームリングには「SUMMILUX 1:1.7 / 28mm ASPH」と記されていて焦点距離が28mmということが分かる。何を今更だが実はこのQの28mmレンズの画角が限りなく24mmに近いのではないか?今Q-Pを使用しているがQの頃から何となく腑に落ちないと感じていた。

自分の場合、仕事で使用するレンズが「TS-E 17mm f4」と「TS-E 24mm f3.5」がメインでこの2本でほぼ80パーセントの仕事をこなしている。したがって24mmの画角は体に染付いているつもり。24mmと28mmでは広角レンズの中でも広角扱いと標準扱いと言えるほど目的が違う。焦点距離の数値での差はたった4mmだが対角画角で言えば約9度も違ってくる。

Qの28mmは広角の標準レンズのつもりで被写体に向かっていたが28mmよりも感覚的にもう一歩前に出なければしっくりこない。最短付近でも寄るとパースがキツい。ポートレイトで顔の寄りカットなど広角然としていて歪みも無視できない。しかし、24mmと思えば納得。脳内ではSUMMILUX 1:1.7 / 24mm ASPH.として付き合っても悪くはないがQのキャラクター的にはやはり28mmの方がしっくり来る。

LEICA Q-P

LEICA Q-P

感動を伝えるアナウンサー

全豪オープンテニスは大坂なおみちゃんが全米に続きグランドスラム連覇で見事にチャンピオンに輝いた。同時に世界ランキングもトップに躍り出た。昨年の今の時期は72位でグランドスラムも3回戦どまりだったことを考えると信じられない成長ぶりで21歳の若さと持って生まれた資質、ハードなトレーニング、そして優秀なスタッフの力だ。彼女の誠実さもチャンピオンに相応しい。

彼女のテニススタイルはTVで観ていても気持ちが良い。高速で強力なサーブと思い切りの良いリターン、ストロークプレーのスピードとコントロールはチャンピオンになるべくしてなったと言える。ランキングトップとなると他の選手からも研究されて今後はさらに厳しい試合も待ち受けているかもしれないが彼女ならば全仏、全英連覇も夢ではないと思えてくる。凄い選手が出てきたものだ。

昨夜は別の視点で面白かったのはTV中継のアナウンサーによって感動の伝わり方も違ってくること。いつもはテニスと言えばWOWOWだが昨夜はNHKも生中継していた。WOWOWは鍋島アナ、NHKは鳥海アナ、個人的にはWOWOWの鍋島アナの声とリズムがとても好きだが昨夜に限って言えばNHKの鳥海アナがとても良かった。鳥海アナと言えばソチオリンピックフィギュアスケートフリーの奇跡の演技の浅田真央ちゃんの時のアナウンサー。

浅田真央ちゃんを讃えつつも深い感動を伝えるアナウンサーぶりは鮮明に記憶しているが昨夜も重要なポイントでの実況は素晴らしかった。よくよく調べてみるとピョンチャン金メダルの羽生君やサッカーロシアワールドカップのコロンビア戦など巡り合わせだろうが何かを持っているアナウンサーは居るものだ。

LEICA Q-P

LEICA Q-P