写真は単玉!

今回の鈴鹿のカメラ。RX10M4とRX100M6で臨んだ。分かってはいたがここぞという場面ではこの手のカメラはやはり本格的な一眼には敵わない。いまさらF1マシンを真剣に撮る気もなかったのでコンパクトさだけがメリットだったこのコンビでF1観戦ついでに上手くいけば良いカットをという甘い考えが中途半端になってしまった。

写真は単焦点レンズに限る。特にプライベートではAFにズームレンズは全く萌えない。ズームレンズは素人かあるいは達人の為のレンズだ。仕事という限られた条件では仕事専用レンズとも言える。いずれにしてもズームレンズは人が思うほど安直なレンズではない。本音はライカにズマロン28だけでもいいと思っていた。

Q-Pよりもコンパクトで今の手持のレンズの中でもお気に入りで出色のズマロン。25年ぶりの鈴鹿の空気感にはこのレンズでと密かに考えていた。だがあいにく超大型台風が列島を直撃!鈴鹿に行くだけで頭は精一杯の状態。カメラのセレクトどころではなくなった。

レース本番日は台風一過の快晴!やはりライカを持っていくべきだったと悔やんだ。友人は潔くGRのみで鈴鹿へ臨んだ。結論はやはり単焦点の方が正解。天候が回復して抜けるような青空になったことも幸いしてGRのスナップショットはまさにリコーブルーの威力炸裂。やはり写真は単玉に限る。

せっかく台風の中、持参したので思い出づくりのため?本当に数少ないまともなカットからなぜかベッテルのカットばかり。本当はフェルスタペンを応援しにいったのに・・・。上のカットは鈴鹿のコースレコードでポールポジションを獲得した直後のもの。下のカットは疑惑のチェッカー!?53周のレースが52周目にチェッカーが振られた決定的瞬間!ワンデー予選&決勝のならではのカット!笑

今回はグランドスタンドV2席のため、目の前がチェッカーが振られるフィニッシュラインという幸運!座ったまま撮れたAF&ズーム全開のお気楽カット?

何度も言うが写真は単玉だ!

RX10M4

RX10M4

RX100M6

RX100M6

ハギビスとF1

先週末、過去最高勢力の台風19号(ハギビス)が関東地方へ刻々と迫る中、よりによって25年ぶりの鈴鹿のF1グランプリ観戦を予定していた。上陸とほぼ同時のタイミングで東京駅早朝発の12日から13日の観戦ツアーを申し込んでいたが新幹線の計画運休や鈴鹿サーキットのコンディション次第ではどうなるか全く予測できなかった。

あらゆる交通手段をシミュレーションしつつ、こんな非常事にF1などに行くべきか行かざるべきか迷いに迷ってさらに迷って結局ツアーがキャンセルになることを予想して前日の11日夜、友人と二人で自力で名古屋入りを強行した。過去見たことのない東京駅の激混みの中、友人の機転で席を確保、無事名古屋入りが出来た。その夜の名古屋は至って普通で平穏、拍子抜けした名古屋入りだった。

翌12日は台風の為、鈴鹿サーキットのスケジュールが全てキャンセルになり、2010年以来のワンデー予選・決勝のスケジュールになった。台風接近で名古屋の街も休業が相次ぎ、その為、12日はホテルで終日過ごす事になった。自宅に過去最高勢力の台風が近づく中、ホテルの部屋で入ってくる情報はテレビとSNSのハギビスの恐怖ばかり!これは本当に精神的に参ってしまった。

川越の自宅は入間川と荒川が合流する河川敷から数百メートルの立地!マンションの5階ゆえ避難や浸水の恐れはほぼ無いが駐車場の愛車が浸水の可能性があり、今回ばかりは相当な覚悟をした。12日夜、ハギビスが自宅近くを通過、タブレットで河川のライブカメラによる氾濫情報を見ながら、人生これほど恐怖と不安を感じて過ごす夜は経験が無かった。

翌早朝、自宅近辺がどうなったか不安を抱えながら快晴の鈴鹿サーキットへ入った。ちょうどサーキットのゲートを潜ると同時に相方どのからLINEが入り、自宅も駐車場も無事だったことを知り、安堵すると同時に鈴鹿の青い空がこれほど眩しく美しく見えたことは無かった。河川の氾濫もスレスレのところで回避、いつもは停電する自宅近辺も今回は全く停電しなかった。

台風一過、日焼けするほどの日差しの鈴鹿サーキット、台風の影響が若干残る風は心地よく、一日で予選と決勝が強行されたF1日本グランプリはレッドブルのエースドライバー・フェルスタッペンが早々にリタイヤ、約9万人が期待したホンダの表彰台を見ることは叶わなかったが25年ぶりの鈴鹿のF1はギュッと凝縮した忘れられない一日になった。

迷いに迷っていた自分の背中を押して鈴鹿へ送り出し、台風から自宅を守ってくれた相方殿に感謝すると共にこんな状況の中、強行に付き合ってくれた友人にも感謝したい。

RX100M6

RX100M6

小林彰太郎氏のこと

先日のカーグラフィックTVでカーグラフィック誌(CG誌)の創設者・小林彰太郎氏の生誕90年の特別企画を放送していた。小林彰太郎というと自分と同年代の車好きには有名な方で特に外国車のマニアには神様のような人だ。だが今の若い年代の車好きの人は必ずしも有名ではないらしい。何人かに氏のことを尋ねてみたがほとんど知らなかった。残念なことだ。

企画の内容は歴代のCG誌編集長やCG関係者の方々が小林氏の人となりを振り返りながら自分達がいかに氏の影響を受けたか、氏の哲学的で華麗な文章に影響を受けた大手自動車メーカー幹部が今でもいかに多いかを語っていた。中でもレースに対する情熱や晩年まで続いたヨーロッパの旧車への愛情の深さを語っていた。

実は小林氏とは血は繋がっていないが自分とは親戚関係になる。少しおこがましい気持ちだが相方殿の父親、つまり自分の義父が小林氏とは従兄弟同士の関係で若い頃から車や音楽などで親しくしていたそうで晩年まで親交が続いていた。小林氏とは義父の葬儀の折、最初で最後、ただの一度だけお会いしてお話をさせて頂いたことがある。

その時の話の内容は本田宗一郎氏のこととライカのことだった。自分が根っからのホンダファンだと伝えると小林氏はホンダS500試乗会からの本田宗一郎氏との関係、F1参戦時のことなどひとしきり本田宗一郎氏との思い出話を聞かせて頂いた。また、ホンダが初めてF1に参戦した1964年、自費で渡欧して日本人ジャーナリストとしては初めて現地取材をした時のことも伺った。

その中で撮影はライカを使用されていたことを知っていたのでそのことに触れるとカメラはバルナックライカのⅢfでレンズは50mmと90mmを使用して撮影されたことを懐かしそうに語って下さった。1960年代という海外旅行すら一般的ではない時代に渡欧し、ライカを携えながらホンダS600を駆ってヨーロッパのF1サーカスを転戦・取材を続けるなどモータージャーナリストの世界でもパイオニア的存在。

やはり小林彰太郎氏は後にも先にも不世出のモータージャーナリストだ。そんな方とほんのひと時だったが直接お話を伺える時間が持てたことは今振り返ると貴重な経験だった。ホンダが小林彰太郎氏を悼んで綴った追悼コラムからも氏の偉大さが分かる。

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

HONDA 1-3!FINISH!

昨夜のF1ドイツグランプリはまたまた面白いレースとなった。ここ何戦かは昔のF1が戻ってきたかのようにオーバーテイクのバトルやチーム戦略、タイヤ選択の運不運など観ていて興奮するレースになっている。それに加え、昨夜は雨によるドライとウェットの路面状況が複雑に変わる中、何度もセーフティカーが入ったおかげで順位は目まぐるしく変わり、本当に面白いレースとなった。

雨のコースの餌食になったのは地元のメルセデスのハミルトンとボッタスの2台!、そしてフェラーリのルクレール。同じくフェラーリのベッテルもマシントラブルや、ちょっとした戦略ミスで最後は驚異的な追い上げを見せたが時すでに遅し。この2チームが沈んだのは大きかった。

そんなレース展開の中、エンジンもマシンも徐々に力を発揮し始めているレッドブルホンダとトロロッソホンダの1-3フィニッシュとなり、ポディウムにホンダの二人のドライバー、フェルスタッペンとクビアトが昇った。こんな光景はいつ以来だろう。記憶ではセナやプロスト、マンセル、ピケなどのホンダ黄金時代以来ではないだろうか?

シーズン半ばでかつての常勝の頃のホンダパワーが戻りつつある。この勝利によって今年の鈴鹿グランプリは久々に大盛り上がりになるだろう。自分も十数年ぶりに鈴鹿へ出かけたくなってきた。ホンダフリークとしてやっと勝てるホンダが戻ってきたことは嬉しい限りだ。

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

THIS IS F1

昨日のF1オーストリアGPは最高のレースだった!DAZNのライブ配信での観戦だったが最近では一番面白くエキサイティングなF1だった。しかもレッドブル・ホンダがホンダとしては13年ぶりの勝利でその内容が他車のリタイヤとかのタナボタではなくまさしく自力で勝ち取ったことに価値があり、久しぶりにF1で感動した。

今年のF1はメルセデス一強状態でレース自体もバトルするわけでもなく2台のメルセデスが淡々とワンツーフィニッシュするレースばかりで本当に詰まらなかった。が、昨夜はこれこそF1と言えるバトルの連続。純粋にマシン同士、ドライバー同士の戦いがあり、チーム戦略の優劣、タイヤ交換の運・不運など観ていてドキドキしっ放し、ラスト10週は息をするのも忘れるほどのレースだった。

何より優勝したドライバーのマックス・フェルスタッペンがポディウムで真っ先に胸のホンダのエンブレムを指差してくれた瞬間、思わず感極まってしまった。この瞬間、彼は世界中のホンダファンや関係者の心を鷲摑みにした。まだ21歳だがドライバーとしての才能も人間性も素晴らしい若者だ。ここからはかつての強かったホンダパワーが炸裂してくれることを期待したい。

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6