Thambar with SONY

ブログでは出来るだけライカボディとライカレンズの組み合わせで残したい。しかし、こと撮影ということになるとライカボディでは厳しい局面も多々ある。微妙な光の中での細かいピント合わせや動きもの、咄嗟の場合などがそうだ。数年前からSONYのα7を使っている。α7はタイプ2からでSとRを専ら仕事で使っている。手持ちの仕事やストロボ撮影、ポートレイトなどはもはやα7の独壇場だ。

今やライカの周辺でもα7の存在は無視できない。個人的にはライカで残すことイコールライカレンズで撮ることと同義と考えている。厳密に言えばライカMデジと画質は異なるものだが、写真はレンズで決まるというかつてのツァイスの宣伝コピーは今でも真だと思っている。ましてライカボディで撮れなければ撮らないと断言できるほど達観できていない自分としてはライカレンズで撮れるのならばフルサイズのα7は歓迎だ。

α7系で撮るオールドレンズは面白い。ファインダー像がそのレンズの特色を素直に写しだしている。特にこのタンバールなどは絞りの変化が如実に写し出されていていわゆるハズレが少なくなる。実際の写りをEVFで確認しながら確実に撮れるということはテクノロジーの恩恵だ。逆に昔のフィルム時代のM型でこのレンズをマスターしようとしたならば膨大な時間と労力が要る。かつてのライカ名人たちは尊敬に値する。

様々なレンズを楽しみ、効率良くマスターするという意味では本当に良い時代だ。気紛れなウチの愛猫たちにもSONYはマストだ。これからはMマウントのニュータンバールなどもきっと多様な使われ方をされるのだろう。

α7S2 / Thambar 90mm f2.2

α7S2 / Thambar 90mm f2.2

復刻レンズ

あのタンバールが復刻されて今月発売となる。ズマロン28に続いて復刻シリーズ?として再び世に出る。ライカのオールドレンズが復刻されることに心情的には一抹の寂しさと残念さ、ほんのちょっぴりの期待が入り混じっている。

数多あるライカオールドレンズたちにはそれぞれレジェンドがある。特に70年以上前に生まれたレンズたちには当時の姿や写りが現代では計り知れないとうところに独特のロマンやヒストリーを感じる。それが最大の魅力でもあった。それがブランニューとなって目の前に現れることに私のような旧いライカ人類には違和感を感じ得ない。

銀座のスタッフによると新しいタンバールは残っていた設計図から当時のタンバールそのままに作られるらしいがレンズのガラス素材は違ってくるから厳密に言えば写りは違ってくるはずだ。ただ、設計当時の本来のタンバールの写りというものがどんなものだったのかは興味津々ではある。順番から言えば三番目の復刻はこのヘクトールあたりになるかもしれない。それだけは勘弁して欲しいというのが本音だ。

LEICA M-P / Hektor 73mm f1.9

LEICA M-P / Hektor 73mm f1.9

カオスの渋谷へ

昨日は、写真展開催中の友人たちへ会いに渋谷ルデコへ。JLC=ジャパンライカクラブの10回目の写真展だがR-D1の頃からの知り合いも多く、もう10年以上のお付き合いになる。以前はよく会って飲んで喋ってライカのエンスーなことを熱く語り合っていたが最近では写真展が年一回のご挨拶になってしまった。

10年とひとことで言うのは簡単だがひとつのことをグループで続けてきたことは尊敬に値する。最初期の頃はここまで続くとは想像していなかったがここ数年はクオリティも大変高く、立派な写真展になったことは素晴らしい。と同時に写真を楽しみで続けている友人たちが羨ましいとも思う。

ルデコ自体は以前のビルの趣を残しつつ、新しいビルに改装になったがギャラリーとしてこうした施設が渋谷に存在することはとても好ましいことだ。今、渋谷駅周辺はカオスの最中で人の流れも複雑だ。それに加えてパルコや西武の近辺の衰退度は以前の渋谷を知っている年代としては寂しい限りだ。ここもいずれ大きく様相を変えて旧い渋谷の姿は過去のものになるのだろう。

LEICA Q

LEICA Q

遺影写真

母親が亡くなり、家族だけのごくごく内輪の葬儀が終わった後、撮影仕事が続き、今まで10年以上風邪も引かなかった私が仕事が落ち着いた直後から大風邪を引いて体調を崩してしまった。やはり親の死とは心身ともに影響は大きいものだ。まだ、体調の方は全快とはいかないが徐々に快方へ向かっている。

普段からライカを持ち歩き、母親の施設に行くときも必ずライカで母親を撮っていた。数年分の母親の写真がある。その中から母親らしい一枚を選び、葬儀の遺影写真として使った。同じものをLサイズに出力し、木製の写真立てに納めて妹と姪っ子たちにプレゼントした。

亡くなる2年前に撮ったいつもの穏やかな母親で、頬杖をついてリラックスした自然体の表情。今にも話しかけてくるようで自分でもお気に入りのカットだ。プレゼントした妹や姪っ子たちにも思いの他喜んでもらい、妹などは毎朝写真の母親に話しかけて返事が返ってくるようで本当にありがたいと言ってくれた。

自宅でも葬儀で使用した四つ切サイズの写真をリビングのテーブルの上に置いてある。今でもそこに居るような感覚でやはり相方ともどもついつい話しかけてしまう。その人の人柄を写した最高のポートレイト写真を遺影として残しておくことは大切な事だ。亡くなった後でも生きているようで悲しさよりも感謝の気持ちが湧き上がってくる。

常にライカを持ち歩いて自然体の母親を残しておいて良かったと思う。

LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm f1.4 (遺影)

LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm f1.4 (遺影)

母の平穏死

先週の21日、6年間入所していた特養ホームで96歳の母親が穏やかに旅立った。老衰だった。先々週の9日に体調が崩れ、その日から食事が取れなくなり、その翌週には水分も取れなくなった。少しづつ旅立ちの準備をし、最後は妹と孫に看取られて静かに息を引き取った。

脳内出血で倒れて30年、半身不随になり、長い間不自由な体でも愚痴ひとつこぼさなかった立派な母親だった。自分がフリーランスになったのは母親の介護の為に会社員を辞めなければならなかったことがきっかけだったが結果的にはカメラマンという天職を与えてくれたことに感謝しかない。

この2週間、私も相方殿も、妹夫婦も、その娘たち夫婦も、そしてひ孫たちも入れ替わり立ち替わり母を訪れていつものように賑やかにコミュニケーションをして十分過ぎるほどのお別れの時間を持つことが出来た。初めての体験だったが穏やかに死を迎える母親をしっかりと見届けるととができて幸せだった。

特養ホームに入所する折、90歳を迎えていた母親に苦しいことや痛いことはもうさせたくなかったのでもし何かあっても延命措置は取らないと伝えていたのでホームの対応も素晴らしいものだった。6年間お世話になって家族よりも親しくなったスタッフや看護士の方々にもたくさん優しく接して頂いた。

母親が旅立ち、ホームを出る朝、多くのスタッフが玄関に整列して見送って頂いた姿には感極まってしまって言葉が出なかった。もしも病院などだったらこうはいかなかった。特養ホーム三井陽光苑で最後が迎えられた母親も私たち家族も最高の時間が持てた。本当に感謝しかない。人が最後を迎える姿はこの平穏死こそ理想ではないかと強く感じた。苦労ばかりの母親だったが見事な旅立ちだった。