対話

赤ズマロン。なんとロマンチックな呼び名。その昔Ⅲcとヘクトール28mmを所有していた頃、Lマウントの赤ズマロンは憧れだった。デジタルのM型になって何度か手にしたいと思ったが良い玉になかなか出会えず、それ以来、心のどこかにひっかかっていた。2016年に赤ズマロンがMマウントで復刻!という朗報?にこんなことはやはりライカにしか出来ないことだと驚いた。

赤ズマロンMはオリジナルズマロンの基本設計は変えずに新たなコーティングや細部のレンズデザインをリファインし、現代の赤ズマロンとして生まれ変わった。f5.6というスペックに加え、対称系レンズのメリットと引き換えに周辺落ちというデメリットなど国内メーカーでは企画することすらできないレンズ。それをクセのある当時の描写までそのままに復刻するのはさすがにライカだ。

Q-Pの28mmと赤ズマロンMの28mm。これほど写りに差があるともはや同じ28mmを所有しているイメージは無い。Q-Pは例えればアルプスの天然水、常に清清しい絵が得られ、開放のボケの美しさは素晴らしい。対して赤ズマロンMは芳醇なワインのようで絵に艶と色気があり、周辺落ちとまろやかな解像感が何とも言えない立体感を生み出している。

SUMMILUXとSUMARON。この異なる28mmを通して改めてライカレンズの妙とはそれぞれのレンズとの対話が存在することだと感じる。現代のミラーレスレンズでは体験できない強烈な個性との対話。それらを通して被写体に対峙するというライカならではの体験は一度経験すると優秀だが無個性な現代のレンズでは物足りなくなる。

LEICA M10-P / SUMARON-M 28mm f5.6

LEICA M10-P / SUMARON-M 28mm f5.6

機材なんてなんでもいい?

「機材なんてなんでもいい」「写真の良し悪しは機材じゃない」

とかくよく聞く言葉だ。果たしてそうだろうか?写真は機材があって初めて成立する世界だ。様々なカメラやレンズがあるからこそ人それぞれの感じ方と表現が存在する。この手の発言には自分の写真は機材に左右されるようなケチな写真ではないという傲慢さが潜んでいるとしか思えない。

写真とは被写体があってこそ、機材があってこその世界だ。決定的瞬間の作品を自分がモノにしたという態度の写真家が居るがそれは大きな勘違いだ。写真とはいくら自分に能力があっても機材や被写体、そしてそこに立ち合わせてもらった運がある。そういう自分以外のコトやモノに対する敬意と感謝の気持ちが無ければ作品などと呼ぶのはおこがましい。

自分のブログは機材名を明記している。R-D1から始めたブログ当初から機材名を明記するようにしている。人によっては何の目的で機材名を明記するのか?自慢して何になるのか?写真の本質とは全く関係のないことだ。とバッサリ切り捨てて、自分はそんなことに関係なく作品を残しているという態度の御仁もいる。それは自分には出来ない。機材に申し訳ない。

このブログで機材名を明記しているのは機材自慢でも機材情報の提供のためでもない。自分自身の機材に対する愛情と感謝の気持ちからだ。仕事を通じて機材にも魂は宿ると感じている。そうして接しなければ良い瞬間には出会えないと信じている。機材に拘ったからと言って必ずしも名作が生まれる訳ではないが少なくとも優れたフォトグラファーたちはみな機材にも特別な拘りとリスペクトがあったはずだ。

機材に愛情を持たずに何が作品か。

LEICA M-P / Thambar 90mm f2.2 @Kakunodate20170424

LEICA M-P / Thambar 90mm f2.2 @Kakunodate20170424

P-FRIEND

昨夜はいつの間にかQ-Pユーザーになっていた金沢の高橋氏とこちらのライカのお仲間と軽く一杯の集まり。計らずもQユーザーが3人、ブランニューのGRユーザーが1人で28mmユーザーの集会に。みなさん年代的にはほぼ?同世代で話もお互いの愛機のことであちこち飛びながらもそこはやはりライカ繋がりで濃いお話に終始した。しかも自分以外のQ-Pユーザーは初めてだったのでなかなか貴重な時間となった。

タイミング的にはやはりQ2についてひとしきり、Q2の画素数はやっぱり必要ないとか、75mmクロップは最低だとか、意外と重くなっていてNGだとか、仕上げはQ-Pのパウダーが最高だとか。身近でQ-Pユーザーは居ないのでまあ手前味噌は分かっていても改めてQ-Pの良さを再認識した。彼は特にパウダー仕上げの肌触りは常に触っていたいくらい気に入っているとのこと。

Q-Pのパウダー仕上げはライカでは初めてで肌触りも当初は違和感があったが言われてみれば確かに素晴らしい。写りとは直接関係無いがカメラという道具は常に手の中にある道具、手に伝わる感触は非常に大切。しかも当初は懐疑的だったが塗装の耐久性は確かに凄い、少々の事ではキズは付かない。ステルス仕様も他人様の撮っているスタイルを初めて見たがまさしく真っ黒で存在が消える!Q2が出た事で早晩ディスコンになるだろう。Q-PはQとQ2の狭間で短命なモデルになりそうだ。

LEICA Q

LEICA Q

小さな生命

腎不全のため腎臓が全く機能していない我が家のイネ。昨年の正月に発症して以来、ほぼ毎日のように自宅で皮下輸液注射を施している。もともとヒトが近づいただけで脱兎のごとく逃げ回る習性のイネ。そのイネを捕まえて皮膚を持ち上げ、正しい位置に注射を打ち、ヒトの点滴のように250mlの輸液を手絞り?で注入する。言葉で書けば簡単だが毎回相方殿と二人掛りで格闘状態だ。

この一年間、様々な工夫をしてきて徐々に慣れてきた。まず押入れの狭い場所に追い込み、捕まえたら即座に黒布を顔に被せ、目隠し状態で洗濯ネットに入れる。こうすると全く抵抗しなくなる。傍で見ていると虐待状態だがあくまで治療、仕方がない。猫の皮膚自体はかなり伸びるが最初はどこの部分をどこまで伸ばしてどこに打てば良いのか手探り状態。打ち所が悪いと輸液が漏れてきたり、モゾモゾと体を動かされて針が外れて失敗する事も多々あった。

今ではすっかり慣れて捕まえるのも注射を打つのも輸液を搾り出すのも手際よく短時間で出来るようになった。最初はどうなるかと思ったがイネ自体も慣れてきて輸液を入れると楽になるようで、最近では追い込まれて小さくなっているイネの瞳は嫌々ながらも注射を打つのを待っているようにも見える。ただ、人間に例えれば人工透析状態。いつどうなるかは神のみぞ知るである。

逃げ回って触ることすら出来なかったイネが短い時間でも手の中で静かにしている姿を見ると腎臓が機能していないにも関わらず小さな体でよく生きながらえているものと思う。イネに輸液を入れている時間、小さな生命に直面し、自分たち夫婦にとっても実は貴重な時間であることに気付かせてくれる。ヒトにも言えることだが生命の儚さや日常の瞬間を大切にすることをイネを通して学んでいる気がする。

LEICA M10-P / Thambar 90mm f2.2

LEICA M10-P / Thambar 90mm f2.2

3200 kelvin magic

室内撮影がフィルムで行われていた時代。タングステンフィルムは魔法のカプセルだった。

デイライトフィルムでは赤被りが酷いタングステンライトの照明下でも適正な補正がなされ、空間系カメラマンにとっては無くてはならないフィルムだった。翻ってデジタル時代、ホワイトバランスというお作法が当たり前になり、フイルム時代の不便さは過去のモノとなった。

皮肉なことにその時代に身についた体験が今では自由なデジタル表現に繋がることになろうとは・・夕暮れ時の日常の光景をもその時々の自分が感じたままの色彩で写し撮ることができる時代。これからも表現のための技術は進化し、自由なイメージはさらなる広がりを見せるのだろう。

表現の進化はヒトが生きている限り止まる事はないと思う。

LEICA M10-P / Thambar 90mm f2.2

LEICA M10-P / Thambar 90mm f2.2