プロのカメラマンとは?

今やデジタルカメラやスマートフォンのカメラ機能が進化して誰でもがカメラマンになれる時代。SNSやブログを通じてプロになってしまう人やインスタから世界へ飛び出る人などアマチュアプロ?として様々なスタイルが生まれている。しかし、本来のプロとは?と本質的な部分で疑問を感じることが多々ある。

プロカメラマンとは端的に言えば依頼主=クライアントの要求に応え、限られた予算、定められたスケジュール、多種多様な現場の条件、その中でクライアントが望むイメージを提供できること。その事に尽きる。そのためには当然ながら撮影技術はもちろん、ある一定以上のクオリティも必要だ。

だが、今は世間一般的に言えば目に見える部分だけの写真が上手いか下手かだけで判断されがちだ。だがそれは氷山の一角なのだが腕に覚えのあるアマチュアほど隠れた部分が見えていない。好きなときに好きなカメラで好きなように写真を撮る事などプロの現場ではまず無い。

撮るべき被写体の世界に精通し、クライアントや多くのスタッフと良好なコミュニケーションを持ち、きちんと予算とスケジュールを守り、クライアントの要求を上回るクオリティのイメージを提供できるかどうか、つまり撮影技術や写真を仕上げるセンス以外の要素も重要になってくる。この点がプロとアマとの決定的な違いだ。

付け加えればプロの世界は結果が出なければ次の仕事はない。アマチュアは結果が出ても出なくて自分自身の中だけで完結できる。ある意味お気楽な世界だ。本当に実力があるプロの見分け方。それは仕事が継続しているかどうかだ。実力が認められていなければ仕事の依頼が続く事は無い世界だからだ。

さらにプロとして様々な条件をクリアしても実は最も大切なものがある。それは人としての誠実さ謙虚さだ。これはなかなか目には見えないものだが成功しているプロは必ず備わっているものだ。

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

LEICA M10-P / SUMMARON-M 28mm f5.6

ICHIRO

昨夜、イチローが現役引退を表明した。来るべき日が来てしまった。今年のキャンプからオープン戦、開幕戦とあのイチローが全く打てない様子を見ながら何となく感じていたことが現実となった。ただ、彼なら50歳まで本当に現役を続けるのではないかと思い込んでいた。

仕事柄、役得と感じる仕事が稀にある。今から7年前の2012年、今年と同じアスレティックスvsマリナーズのMLB開幕戦が東京ドームで行われた。こういう変則的なMLBの開幕は初めてのことだったので特別なイベントが催されることになった。当時はライブステージやライブイベントも多く撮っていたので自分にお声がかかり、ワクワクして東京ドームへ向かった。

東京ドームのグランドレベル、メジャーの選手たちと目と鼻の先での撮影はエキサイティングな体験だった。スポーツカメラマンならば当たり前の事だと思うが畑違いの自分が彼らと同じグラウンドに立っていること自体が夢のようだった。その時はカメラマンというよりも野球少年の頃の自分に戻っていた。

もちろんイチローもマリナーズの一員として来日し、数メートル先のイチローの息遣いを感じながら彼をカメラに納めた。イチローはテレビなどを通じて見るよりも意外と身長が高い。近くで見るとそれを改めて感じたことを今でも記憶している。彼の記録に関してはもう言葉では言い尽くせないほどの偉大なプレイヤー。普段から節制を心がけ、常に美しく強くしなやかで独自の美学を持った稀有のアスリートだった。

平成が生んだ偉大なスターがまたひとり現役を終えた。長い間、夢をありがとう!そしてお疲れ様でした。次のステージでの彼の活躍を期待したい。

LEICA Q-P

LEICA Q-P

MOOMINVALLEY PARK

本日、飯能市の宮沢湖の湖畔にムーミンバレーパークがオープンした。2月末から今週まで何度も通い、施設の撮影に携わった。穏やかで美しい湖、北欧らしさが感じられる針葉樹、小高い山や丘などムーミンの世界観に相応しい自然豊かなシチュエーションの中に新しい形のテーマパークが完成した。ムーミンは日本ではTVアニメで有名だが独特の世界観で世界中にファンが多い。

自分も改めて文庫本などを読み返したが綴られている言葉自体はシンプルだが意外と難解な世界観でこれを難解と感じる事自体が頭が固くなっている証拠なのかもしれない。パークはゆったりと自然を満喫しながらムーミンの世界を感じて過ごすにはとても良い環境で天気の良い日など最高に癒される場所だ。自分も落ち着いた頃に今度はゲストとして訪れてみたい。

L1003011.JPG
L1003028.jpg
L1003037.jpg
LEICA M10-P / Super-Angulon 21mm f3.4

LEICA M10-P / Super-Angulon 21mm f3.4

37年ぶりの神戸

昨日は日帰り出張で神戸へ。神戸はなんと37年ぶり!大阪へは出張で比較的多く行く機会はあるが神戸は本当に久しぶり。タクシーの窓越しの街並みを見ながら震災の後、神戸は見事に復活していてこういう時の人間の力は凄いものだと改めて感じた。撮影は元町にオープンした宝石店。元町は高級志向のお店が多く。穏やかで落ち着いた街。銀座と横浜の両方の雰囲気を併せ持ったなかなか素敵な街だ。

撮影の合間、1時間半ほどの待機時間があったのでお店周辺を軽く散策後、以前から気になっていた土屋鞄の神戸店へ。お目当ては神戸店での店頭販売のみの限定カラーショルダーバッグ。生憎、在庫は無かったが西新井の本店をご贔屓にしていることや東京から来たことを知って、入荷次第発送してもらうよう取り計らってくれた。神戸の長い坂道を機材を引きながらわざわざ寄った甲斐があった。ここ数年、大のお気に入りの土屋鞄はどのお店もとても良い雰囲気で必要のないモノまで気になってしまうので困ったものだ。

LEICA Q-P

LEICA Q-P

フルサイズミラーレスの憂鬱

フルサイズミラーレス機の世界はニコンからZ6、Z7、キヤノンからEOS Rが出てソニーのαとガチの勝負になってきた。現在、自分の仕事ではEOS-5Dsとα7R3の2機種をメインで使用している。EOS-5Dsは常に三脚に据えてフルの5000万画素をベースに中判カメラ的な使い方。他は全て2台のα7R3を使用している。

先日、ある仕事でもほぼ全てα7R3でカバーした。カバーしたと言うよりαでなくては仕事にならなかった。ある仕事では超高感度、サイレント撮影、マニュアルピント、ロースピード連射モード。次の仕事ではコンティニュアス+ロックオンAF、サイレント撮影、ハイスピード連射モード。どちらもチルト式のモニタ使用。従来の一眼レフのEOSでは全く太刀打ちできない仕事だった。

軽い、小さいというのはソニーフルサイズミラーレスの謳い文句だったが今はミラーレスのメリットを生かしたパフォーマンスで無くてはならない存在になった。この流れを作ったソニーの功績は大きい。ニコンもキヤノンもやっとリリースはされたが今のモデルではまだまだフラッグシップ機とは言えないし、レンズを含むシステムも未完成だ。今のソニーに追いつき、追い越すのはさすがの2社でも並大抵のことではない。

ただ、本音を言えばそう簡単に超えられても困る。昨年末、ソニーからα7R3が出たと同時に思い切ってキヤノンからソニーにメインシステムをチェンジした。キヤノンで残したのは5DsとTSE17、TSE24、EF11-24の3本のみだ。だがまたキヤノンにメインを戻すと言うのは仕事とは言え、そう簡単な事ではない。ミラーレスの進化は大歓迎だが少々憂鬱な気分になる。

LEICA Q

LEICA Q