のぞみのグリーン車

国内の出張は北海道や九州、四国などを除けば、車でない場合はほとんど新幹線のぞみを利用している。カメラマンの出張は荷物がかなり多い。日帰りの場合は100%機材関連。宿泊の場合でもほぼ90%が機材、着替えやその他の宿泊用の荷物は10%といったところで、スタイルは大型のキャリーバッグと三脚ケースのセットになる。

一昨年くらいまではのぞみの普通指定席を利用していたが昨年からグリーン車を利用するようになった。理由は機材の安心・安全と自分自身の精神的・肉体的な負担の為、きっかけは一昨年の名古屋出張。のぞみの場合、東京から名古屋までは1時間40分ほどで時間的には全く負担はない。特に行きは普通指定席でも激混み状態で無い限り、負担ということは無い。しかし帰りが大問題。

出張の場合、帰りは夜になるケースがほとんど。帰りののぞみが新大阪や京都を経て名古屋に到着する頃にはほぼ満席状態で空いていても3席の真ん中のみということになる。この状態で大型のキャリーバッグと三脚ケースを持って乗り込むと全くと言って良いほど荷物の置き場所が無い。撮影でヘトヘトになった上に置き場所のない機材を足元辺りに置いて両脇の客に気を使いながらの東京までの1時間40分は悲惨な状態になる。トイレも躊躇する。なぜならこれが一番の理由だが機材の心配だ。

行きはまだ何かあっても自分だけの被害で済む。だが帰りはそうはいかない。撮影後の大切なデータが入った機材にもし何かあった場合は撮り直しという次元ではなく、そこには公開前の事前情報や絶対に世に出てはいけない機密情報など含まれる。もしそれらに何かあった場合、もうアウト。この仕事を続けられなくなる。そういった諸々の事情でグリーン車を利用するようになった。利用されたことのある方は分かると思うがグリーン車の快適さと安心・安全さは普通車とは雲泥の差である。

ゆったりとした幅広い座席、多めにリクライニング可能なリラックスできる足元。左右2席づつなので棚を含む荷物置き場は余裕のキャパシティー。アテンダントによるおしぼりサービス。食べ終わった後などのゴミの回収。何より客層が良い。おまけに芸能人や有名人との遭遇率も高い。とにかく機材が安心で肉体的・精神的にリラックスできる。これに尽きる。自分にとっても顧客にとっても総合的に考えてグリーン車の追加料金は全く高くない。むしろお安いくらいだ。

 LEICA Q

LEICA Q