LEICA X2

LEICAのXシリーズというコンパクトカメラがあった。X1から始まり、X2、X-Eと続き、現在はディスコンになったが今でもコアなファンが存在する。自分もそのひとり。バルナックライカをモチーフにしたライカのオリジナリティ溢れるコンパクトカメラだ。初代X1のスチールグレーを発売と同時に手にし、後にブラックがリリースされてすぐにブラックに買い替えた。2010年発売なのでもう8年前になる。

その後、2012年に画素数や全体的なレスポンスをアップしてX2がリリースされ、2014年、外装デザインをリファインしたX-Eとなって2016年に生産が終了した。画素数が変わっても初代X1から基本的な外観デザインと中身はほとんど変えずに続いた名機だ。同じAPS-CセンサーでXやX Varioなどの派生モデルは出たがバルナックライクな初代Xシリーズとは別物だ。

Xシリーズの真骨頂は何と言ってもJPG撮って出しのクオリティでレンズ固定式のエルマリート、APS-Cセンサー、画像処理エンジンが生み出す諧調と立体感、これに尽きる。標準のカラーの渋さもライカらしく素晴らしいがモノクロームのコントラスト・諧調・シャープネスの絶妙なバランスは見事だ。この描写を越えるデジタルカメラは今でも少ない。同じライカのMモノクロームも秀逸だが方向性が違う。

X1で味わったモノクロームの描写が脳裏に焼きついて離れず、ディスコンになってからは市場にある中古のX1やX2が気になりつつなんとかやり過ごしていたが、X1はもちろんX2もコンディションの良いものがどんどん少なくなってこれは手元に残しておかなくては、と思っていたところ今年の初めに良い出会いがあり、再び手にした。やはりXシリーズのモノクロームは自分にとっては唯一無二の絵だ。ただ・・・撮った後、PCで見た印象そのままがウェブでは伝わりにくいのが残念だ。

 LEICA X2

LEICA X2