4本目のヘクトール

今まで3本のヘクトールを使ってきたが、今手元にあるヘクトールはブラック&ニッケルの初期玉。貴重なシリアルナンバーのレア玉だったが銀座の匠にオーバーホールをお願いしたところ、ハズレ玉という結果が出たレンズだ。ライカのオールドレンズにはよくあることだが残念だ。それからしばらくしてフォト・ムトリで同じブラック&ニッケルのヘクトール73mmに出会った。

試写したところ、ピントも全域できちんと出ていて純正フード・キャップも揃っている玉だった。ということで通算4本目のヘクトール73mmが手元へ来た。3本目の同じブラック&ニッケルはしばらく残して撮り比べることにした。で、ここ一ヶ月ほど両方を撮り比べたところ、4本目のヘクトールのシャープさは今までのどのヘクトールと比べても突出して素晴らしく、無限遠近くも中距離も最短付近もどれも素晴らしいシャープさでヘクトールとはこんなにシャープなレンズだったのか?と今更ながら驚いた。

さらにこのヘクトールは最短が1m!指標も1mがきちんと記されている。今まで噂は聞いていたが実際に最短1mのものを見るのは初めて。もちろん距離計とも連動していて使い勝手も写りも過去3本のヘクトールと比べても文句のない玉。ようやく求めるヘクトール73mmと出会えた。ライカオールドレンズとは奥が深い、4本とも写りが違うというなんとも悩ましく罪作りな世界だ。

 LEICA M9-P / Hektor 73mm f1.9

LEICA M9-P / Hektor 73mm f1.9