酷寒の川越

ここ数日の日本の気候は異常事態だ。自宅の川越は普段から都心に比べて気温が2~3度ほど低い。特にここのところの寒さはもうスキー場状態。夜などは札幌と気温がほとんど変わらない。昨夜はマイナス6度!今朝はとうとう給湯器からお湯が出なくなった。こんな経験は記憶に無い。気になっていた首都高も自宅から撮影現場へ向かう為の生命線の5号線が22日の降雪から今日26日の現在まで4日間、いまだに通行止め。これも記憶に無い。

一昨日の市ヶ谷の現場などは首都高が一部を除いてほとんど通行止めの為、関越川越IC~鶴ヶ島JCT~圏央道~八王子JCT~中央道~首都高4号線経由で3時間かけて現場に着いた。これでも大渋滞中の5号線沿いの一般道よりはるかに早い。普段は35kmで1時間ちょっとのところを迂回して110km!3時間!いつもより2時間ほど早めに出たので時間に遅れることは無かったがこれも初めてこと。

関東地方は本当に雪と寒さには弱い。年々気候が激変してきて今後どうなるのか?未体験な時代になってきていること実感する。

 LEICA Q

LEICA Q