京都ロケハン

昨日は、来週本番撮影予定の仕事で京都へ日帰りロケハンだった。今まで仕事で関西圏へはよく行っていたが京都だけはここ10年で2回ほど。なぜかあまりご縁がなかった。そのせいか地理的なことはよく分かっていない。京都のあらゆる場所が歴史上有名でどこへ行っても名所ばかりだが東西南北の関係性がイマイチ明るくない。

そんな中、今回のロケハン場所は嵯峨の大覚寺。京都の北西部、渡月橋や天龍寺、竹林などで有名な名所地域の最北に位置している。ある有名なアニメ作品の20周年を記念して大覚寺内で展示やイベントが行われている。ロケハン自体は午前中で終わったので午後は近辺を散策をと思っていたが連休の初日と相まってもの凄い数の観光客。

渡月橋へ続くメインストリートは原宿の竹下通り状態でとても歩く気にはなれず、途中の天龍寺もごった返していたがここだけは観たいと思い、本堂と庭園、法堂の雲龍図を拝観してきた。とても素晴らしいお寺さんで広い書院から臨む雨にしっとり濡れた紅葉前の庭園は美しかった。ただ、庭園も観光客が多くその喧騒さには辟易した。今の日本はどこへ行っても大勢の観光客ばかりでこんな状態がこれからも続くのか、と思うとなんとも憂鬱になる。今回の嵯峨野辺りは静かに歩きたい街だ。

 LEICA M-P / Hektor 73mm f1.9

LEICA M-P / Hektor 73mm f1.9