温暖化の影響

先日、帰宅中の車の中でFMを聞いていたら、その内容は地球温暖化の及ぼす影響が航空機にも関係して現在のように普通に飛べなくなる可能性がある。とのショッキングな内容だった。

運転しながらだったので細かい記憶はちと曖昧だが、要は今後もし温度が上がり続けると航空機用エンジンに必要なエンジンに取り込む空気の圧縮率が下がり、その結果、今の航空機が一般的に積載している重量では現在の滑走路の長さでは離陸できなくなるらしい。つまり重量を減らすか、離陸の時間を昼間ではなく温度の下がる夜に切り替えるか、といったことも検討しなければならない時が来るかもしれないらしい。

気温の高い南米のある国ではそれが理由で実際に夜の飛行を積極的に行っている国もあるとか。いずれにしても地球温暖化がそんなことにも影響してくるらしい。まさかそんな時代が来るとは夢にも思わなかった。仕事などで航空機を利用するとき、いい歳をして飛行中は子どものように窓の外を飽きずに眺めている。個人的にはこんなシーンにも影響を及ぼすことのないよう祈るだけだ。

 LEICA Q

LEICA Q