M10雑感

先日、ライカ銀座へ行った折、初めてまともにM10に触った。姿形だけはウィンドウ越しに眺めていたが実物を手にしてシャッターを切ったのは初めてだった。第一印象は、薄い、意外と重い、巻き上げレバーのないM6のよう、だった。で、ピントを合わせてシャッターを切ってみた。ファインダーは進化しているように感じたがM9やM-Pと比べてさほどの差は感じなかった。

意外だったのはシャッター音の甲高さ。M8、M9、M-Pと使ってきてシャッター音に関してはよりM型らしく静かに篭る感じに少しづつ進化してきたが、M10になってM8系に戻っている気がした。ボディの材質と薄さが影響していると思われるが、正直M-Pのシャッター音の方が静かで品があると感じた。M型にとってシャッター音はやはり大事で気になるところだ。ただ、これだけは本当に個人差がある。M10の音が良いと思う人は意外と多いと銀座のスタッフも言っていた。これは意外だった。

デジタルカメラの宿命だが液晶モニタやレスポンスなどは確実に進化していた。高感度の画質なども当然進化しているのだろう。ただ、デジタルカメラとしてもうかなりの到達点に来ている印象は強かった。これはライカだけでなく国内のメーカーにも言えることだ。逆にM型としてはM10がほぼ完成形とも言えるわけでこのモデルは意外と息が長いモデルになるのかもしれない。いずれにしても出るかどうかは全く不明だがM10-P?待ちは変わらない。もしかしてブラックペイントになるとシャッター音も変わるのかも?

 LEICA Q

LEICA Q