集中豪雨

昨夜、新宿で仕事を終えた帰り道、恐ろしい思いをした。天気予報どおり大雨の中、いつものように中野長者橋から首都高に入り、西池袋からトンネルを抜け、凄い雨だなあ、と思っている矢先、人生初めて前輪が浮く経験をした。板橋付近を走行中、それほどスピードは出ていなかったと思うが一瞬前輪のグリップが無くなり、右の側壁寸前まで流れて肝を冷やした。さらに与野インターを出て17号線に出るともっと恐ろしいものが待っていた。

夜10時を過ぎればいつもは交通量が多い17号線も空いているのだが途中で急に渋滞になった。5分ほど全く動かず、この間、雨は小降りになっていたので何が起きたのか?にわかに考え付かず、イライラしていた。すると3車線あるうち自分は一番右側に居たが左2車線の車がすべて自分の居る右端に車線変更を始めた。その先には赤色灯が見える。嫌な予感がした。

少しづつ動き出すと思わず「うわ!」と声を上げた。3車線の一番左側の車線が冠水していてワゴン車2台が車半分水没して立ち往生していた。自分の走行車線もかなりの冠水状態でそのまま走行することに一瞬躊躇するほどの水の量。こういうときは人は判断を迷う、しかし思い切ってアクセルを吹かし、祈る思いで冠水している道を渡りきった。

以前、似たような経験はしたことはあるがここまでの冠水状態には遭遇していなかったのでかなり焦った。この広い幹線道路の17号線でこんなことが起きるとは。昨今の気象はいつなんどき自分が被害に会うか分からない。水没したワゴン車の姿がまだ目に焼きついている。自分があと少し早く左車線を走行していたら・・・他人事ではない。運が良かった。

 LEICA Q

LEICA Q