NGT48のこと

先日の30日、AKB48グループの恒例のイベントとなった選抜総選挙の中間速報が大きなニュースになった。新潟に拠点を置くNGT48が大躍進したのである。特に1位に輝いた子はNGT48内でもあまり目立たない子だったから、指原梨乃や松井受理奈などのそうそうたるメンバーを差し置いて1位を取ったことは一大ニュースとなった。

AKB48のグループとして新潟にNGT48が誕生してはや2年近く。この歳でNGT48のファンだと言うと少し引かれる。さもありなん。(笑)
それには理由がある。昨年1月、新潟市のラブラ2というところに専用劇場が出来た。たまたまその劇場の竣工記録写真を撮る仕事で新潟を訪れた。その折、オープン前の劇場とその関連施設、そしてステージでのゲネプロと関係者のみのプレ公演の撮影をさせて頂く機会を得た。

もともとAKB48もそれほど関心も無かったし、ほとんど孫みたいな女の子たちの世界には興味はなかった。が・・・それが見事に変わってしまった。
プレ公演前のゲネプロ時、こちらもリハーサルのつもりで撮影をしていた。そこでは真剣な表情で歌と踊りの練習を続ける普通の女の子たちが居た。この歳の女の子たちでも裏ではやはり相当な努力をしなければステージには立てないという思いはひしひしと伝わってきた。
そしてプレ公演の日。やっと立てた自分たちだけの専用劇場でのステージでは眩しいばかりに輝く彼女たちが居た。感極まって涙する子たち。溢れる涙が頬を伝わる瞬間をファインダー越しに見たとき、こちらも思わず涙が溢れた。一発でファンになった。

それからはDMMでのネット中継公演を見続けながら昨年の総選挙では加藤美南ことカトミナに1票を入れた。柏木由紀や北原里英などAKBメンバー以外ではただ一人100位以内に入った。
そして今年、2年目の速報ではNGT48は100位以内に11人入り、神セブンと呼ばれる7位以内になんと3人のメンバーが入った。いずれも柏木さんや北原さん以外のメンバーがである。残念ながらカトミナは100以内にも入れず、少し驚いたがいずれにしても2年目のNGT48の躍進は驚きとともに仕事を通じてご縁が出来た者として嬉しい出来事である。6月17日の総選挙日が楽しみである。

 LEICA Q

LEICA Q