錦織圭に感謝

全仏オープンテニス。錦織圭はアンディ・マレー相手に準々決勝敗退で終わった。
今回の全仏での圭は少しおかしかった。好不調の波が極端だった。6-0でセットを取ったかと思うと0-6で失ったり、マレー戦での3セット目のタイブレークも0-7という信じ難いスコア。
圭に何が起こったのか?ネットでは色々な噂が飛び交っている。特にラケットを叩き壊したチョン戦は驚いた。どちらかと言うと温厚なタイプの圭がラケットを壊すとは・・・。マレー戦でも壊しそうになるほどイライラしていた。何が起こっているのか?真実は本人にしか分からないことだが残念でならない。

ただし、これだけは言えることは圭には感謝しかない。ここ数年、グランドスラムで日本人が優勝できる可能性を感じさせてもらいながら観戦できることの幸福は本当に感謝しかない。
おそらく本人の努力は我々には想像できないくらいのものだろう。ランキングトップ10の選手を見渡しても圭ほど華奢な選手は皆無である。チョン選手も彼のステートメントを要約すると「憧れの圭とプレーできたことは大変光栄なこと。彼がアジアナンバーワンであることに間違いはない。あの体であのポジションに居る圭はアジアのテニスプレイヤーにとって励みになる。」

今の圭のポジションが当たり前に感じ、負け方に不満を持つファンも居るが、日本のテニス界にとって圭の貢献度は過去の選手と比べるべくも無いほど偉大だ。本当に感謝しかない。いつの日かきっと良い結果が出ることを信じている。

 LEICA M9-P / SUPER-ELMAR-M 21mm f3.4 ASPH.

LEICA M9-P / SUPER-ELMAR-M 21mm f3.4 ASPH.