早朝の東寺

一昨日、昨日と仕事で京都へ。現場は長岡京のサントリー京都ブルワリー。朝早い現場入りだったので前泊で京都駅近くのホテルへ夜到着。いつも思うのはせっかくこの時期の京都なのに常に仕事優先で桜を愛でながらの散策の時間など夢のまた夢。

しかし、ふと思いつき早朝という手は無いのだろうか?と。調べてみると意外と早朝から開門しているお寺が結構ある。中でも東寺は開門が午前5時!参観は8時半からだが境内ならば自由に散策できる。幸いにもホテルから15分ほどの距離。朝の散歩がてら5時起きで東寺へ向かった。日の出は6時前なのでまだ薄暗かったが着いた頃には空が白み始め、境内にはジョギングする人が数人ほど。

今や昼間の京都のお寺はどこも観光客でごった返している様子で桜の時期ならなおさら。それに比べて参観時間前の東寺の境内は独り占め状態で大正解だった。桜は場所によっては八分咲きのものもあったが、緩いオールドレンズを付けた二台のライカを携えて静かな境内をゆっくりと散策する時間ははなかなか贅沢なものだった。京都にはオールドレンズがフィットしている。

 LEICA M-P / SUMMILUX-M 35mm f1.4

LEICA M-P / SUMMILUX-M 35mm f1.4

 LEICA M9-P / Hektor 73mm f1.9

LEICA M9-P / Hektor 73mm f1.9