ライカの魅力

昨夜はライカ繋がりの旧知の友人たちと美味しいイタリアンのお店で久しぶりに楽しい時間が持てた。ライカ好きが集まると話が尽きない。ライカは人を繋ぐ魅力がある。自分のライカや他人様のライカの話でエンドレスだ。他のカメラではこういうことはあまりない。単なるブランド力とは違う何かが人を繋げ、広げる。不思議な世界だ。

最近の若者のライカに対する印象も面白い。デジカメウォッチの若い編集者、確かM(Type240)からのユーザーのようだが今はM10を所有していてそれを評して「古いフィルムカメラっぽいけど背面を見たらデジタルカメラというユーモアは随一」と。おそらくM型以外のラインアップ、SLやTが現代風デザインを踏襲している上に過去のM型体験が少ない若者にとっては現代のM型デジタルはクラシックなものに写るのかもしれない。

我々旧いライカ人類から見たライカとは今も昔もM型ライカのことだ。中身がフィルムからデジタルに変わってもシンプルで普遍的なカメラ。古今東西のL・Mマウントレンズも変わらない。特にクラシックカメラという概念はあまりない。そんなライカはこれからも人を繋ぐ魅力に変わりはないだろう。ライカに出会っていなければ出会わなかった方々ばかり。そして出会わなかったシーンばかり。ライカは素敵な出会いを呼ぶカメラだ。

 LEICA M-P / Thambar 90mm f2.2

LEICA M-P / Thambar 90mm f2.2