冬の空に想う

冬の空が好きだ。空気が澄んでいてどこまでもクリアな空気感が気持ち良い。ついついカメラを向けてしまう。この時期、太平洋側と日本海側では正反対の空模様。日本海側にも写真家の友人が居るが気候の差はその友人の作風にまで影響している気がする。

かつてカールツァイスレンズはヨーロッパの空気感を描写することを基準にして設計されているとツァィス関係の書籍に記述されていたことを記憶している。日本に比べてヨーロッパは緯度が高い。一般的には太陽が日本よりも低い位置を通る。その影響はレンズ設計や写真家の作風にも影響すると言えるかもしれない。

地球上でも日本国内でも住んでいる場所によって写真が変わる。住んでいる場所で感性が磨かれる、それは頷けるところがある。

 LEICA Q

LEICA Q